ページビューの合計

2018年2月24日土曜日

池上梅園に春が来た! 〜江戸無血開城を巡る攻防の地〜

 


 池上梅園は池上本門寺の西に位置し、戦前は日本画家伊東深水の自宅兼アトリエで、「月白山荘」と呼ばれていたが、戦災で焼失。戦後は築地の料亭経営者小倉氏が買取り、別邸としていた。小倉氏没後に遺族が東京都に庭園として残すことを条件に譲渡。昭和53年に大田区に移管され梅園として拡張、市民に開放されている。白梅150本、紅梅220本、30種類の梅が楽しめる(大田区立池上梅園パンフレットより)。

 毎年2月末から3月初旬が梅の見頃となる。今年は厳冬の影響で開花が遅れているが、24日のこの日は久しぶりの好天で、寒さもやや緩み、梅が六分咲きであった。その割には人出も限られていて、都心の名所にありがちな、人でごった返し、花を見に来たのか、人を見に来たのかわからないような状態でもなく、ゆったりと「花見」を楽しむことができた。ここは先述のように紅梅が多く、梅園全体が紅白のグラデュエーションで美しく彩られる。あたりに馥郁たる梅の香が漂い春の訪れを感じる一日であった。

 池上本門寺は、長栄山本門寺と号し、身延山久遠寺と並ぶ、日蓮宗の大本山である。弘安五年(1282年)、日蓮により創建されたが、同年、この地で日蓮上人入滅。地元の池上氏の寄進により大きく拡張された本門寺が建立された。本門寺は鎌倉、室町時代を通じて関東武士団の信仰拠点として崇敬され、江戸時代に入っては加藤清正、紀伊徳川家の祈願寺として繁栄した。時代が下って明治の戊辰戦争では、有栖川宮熾仁親王を東征大総督とし、西郷隆盛を参謀とした新政府軍がここ本門寺に江戸進駐本営を構えた。慶応4年(1868年)3月12日、勝海舟は、東征軍の駐屯するここ本門寺まで足を運び、西郷に江戸無血開城を訴え会談した(松濤園にそに記念碑がある)。歴史の教科書では、江戸三田の薩摩藩邸で西郷、勝会談が行われ、江戸無血開城が決まったと書いてあった気がしたが、その前にここ本門寺で、いわば予備会談が行われた。そうして3月13、14日江戸薩摩藩邸での会談で無血開城が決まった。実際には、さらにその前、幕府側山岡鉄舟が、新政府軍の進軍途中の駿府に赴き西郷と交渉しているが、はかばかしくないまま、東征軍は江戸に入ったわけだ。歴史ドラマのように、決して一回の会談で「わかりもうした」となったわけではなかった。

 西郷/勝会談が本門寺松濤園で行われたのは3月12日。その時も梅の花が満開であったであろう。長い冬が終わり季節は春。美しい紅梅と白梅が、このギリギリの歴史的意思決定に色を添えたに違いない。もののふの心情を表すという桜花のような潔い散り際の美だけではなく、グラデュエーション豊かで、多様なトーンが織りなす紅梅、白梅が一斉に咲き誇る景観、一つの時代が終わりを告げ、新しい時代の到来を予感させるものであったと思う。2018年2月24日のこの日は、梅花だけではなく、なんと石段わきの山桜が咲き始めていた。その心も忘れてくれるなとばかりに。

























座論梅













本門寺石段わきには山桜が早くも開花!














2018年2月3日土曜日

大阪城 〜それは戦国時代の終わりを告げる墓標であった〜




 大阪のシンボルといえば、そう「大阪城」。太閤さんの「大坂城」だ。黒田孝高(官兵衛)が築城奉行となり縄張りを行った天下に名だたる名城である。内郭だけでなく、その外側に広大な外郭を配した総構えは「三国無双」と言われる。上町台地の北端にそそり立つ本丸天守を中心に広大な総構えを持つ城下町。その北は淀川に面し、天然の要害とし、内堀、外堀に水を引き入れた。城下町の西には船場、西船場、島内、天満と東西に伸びる長堀、道頓堀、南北に伸びる東横堀、西横堀に囲まれた「太閤割」の商業都市を設けた。いまの大阪は太閤さん、豊臣秀吉によって作られこれまで繁栄を続けてきた。従って大阪人の太閤贔屓は半端でない。「徳川の江戸なんかなんぼのもんや」だ。今でもナニワっ子の心の拠り所がこの大阪城なのだ。

 ところが今見ている大阪城は、実は太閤さんの大坂城ではない。なんとその豊臣家を抹殺した徳川家康の城なのだ。目の前に広がる天守閣を始め、壮大な石垣を持つ本丸も豊臣の大坂城ではないのだ。ナニワっ子には申し訳ないが全く別物であると言っていいほどだ。では太閤さんの大坂城はどこへ行った?実は、徹底的に壊されて今の大阪城の地下深くに埋もれている。

 徳川大坂城は、1615年の大坂夏の陣で豊臣家が滅ぼされたあと、藤堂高虎を築城奉行としてあらたに縄張りが行われた城である。奇しくも黒田孝高官兵衛、藤堂高虎、とそれぞれの時代の築城の名手による「作品」が大坂の街を睥睨していたわけだ。現在の大阪城を壮大に見せている延々と続く見事な高石垣と深い堀は、徳川が全国の大名に命じて建設させた「天下普請」によるもの(城内には各地の大名の紋所を刻んだ切り出し石が並べられている)。太閤贔屓の大坂に徳川の権威を見せつけ、「時代は変わったのだ」という強烈なメッセージを発するために設けられた。「三国無双」と言われた豊臣大坂城は徹底的に破壊され、その上に厚く盛り土をして新たな本丸城郭構造が覆いかぶさっているのだ。すなわち今見ている「大阪のシンボル大阪城」は豊臣の仇、徳川家の城の遺構であるというわけだ。

 その大坂夏の陣は、史上稀に見る残虐な戦いであったという。大坂城に籠城する豊臣一族、浪人たちを徹底して抹殺するだけでなくだけでなく、住民を巻き込む市街戦が展開され、放火、略奪、虐殺が逃げ惑う住民を襲った。黒田長政が描かせたと伝わる「大坂夏の陣図屏風」(大阪城天守閣蔵)はその戦いの残虐さ、悲惨さを今に伝えていて「戦国ゲルニカ」と評されている。この大坂の街の堀や地下奥深くには大量の遺骨が埋められたままになっているという。特に豊臣大坂城はその痕跡をかき消すように全てが高石垣に囲まれた徳川大阪城に封印されてしまった。今でも大阪城の南の二の丸、三の丸あたりには武将や女どもの怨霊が夜な夜な現れるという。成仏できない無数の怨霊が馬場町、法円坂あたりを徘徊している。まるで今の大阪城は巨大な墓標である。中世、戦国時代の終わりを告げるモニュメントだ。ある意味では大仙古墳を遥かに上回る巨大な「塚」であると言える。

 城というものは華麗で壮大であるとともに残虐な一面を持っている。壮大であればあるほど概して血なまぐさい歴史が付きまとう。1600年の関ヶ原以降、近世に築城された城は、もはや戦いを想定しない平城が中心となり、藩庁としての統治機能を重視したものとなってゆくため血生臭さがなくなってゆく。しかし戦国時代に落城した小谷城や北ノ庄城のような数多の山城は戦いの砦であり居館であったわけだから、栄枯盛衰の歴史の影の部分、悲劇の舞台となったことは言うまでもない。近世最大にして最後の戦い、島原の乱の舞台となった原城もその代表だ。落城後は城は徹底的に破壊され、その跡からは、老若男女を問わず城とともに埋められたおびただしい遺骸が発掘されている。戊辰戦争で落城した会津若松城など徳川レジームの墓標(あるいは近世の墓標)と言って良いと思う。廃城跡は敗者の歴史の墓標であり時代の墓標でもある。実はこの大坂城も落城した廃城である。しかし、その後に勝者が、以前に増して壮麗な城を再建したので、そんな悲劇性、血なまぐささが封印されただけなのだ。知られているように、江戸城の無血開城が江戸を戦火から救った。大阪城の二の舞を避けられたことは明治の近代化の中心となった東京にとって、近代日本にとって幸いであった。

 最近、豊臣時代の大坂城を発掘する動きが出てきており、当時の石垣が地中奥深くから検出され始めている。当時の石垣は現在の壮麗な石組みの高石垣ではなく、自然石を積んだ「野面積み」の石垣であったようだ。もともと、ここには蓮如が創建した石山本願寺があり、一向宗徒勢力の中心拠点であった。織田信長に対峙する抵抗勢力の拠り所であったわけだが、その信長に降伏した石山本願寺の跡に秀吉が築城したのが大坂城だ。その縄張りはかなり現在のものとは異なっていたようだ。石山本願寺、と言っても強固な城郭構造を持つ砦然とした施設であったらしく、豊臣大坂城の縄張りにも、その痕跡があちこちに残されていたようだ。築城奉行黒田孝高官兵衛もさぞ苦労したことだろう。

 ちなみに、今の天守閣は戦後の復興天守で、鉄筋コンクリート造りでエレベータまである観光施設。主には大阪城博物館となっている。その位置は徳川時代の天守閣跡に再建された。豊臣時代の天守は今の天守の東に位置していた(下図参照)。デザインは豊臣時代の黒い天守ではなく、徳川時代の白い天守のイメージを再現しているという。しかし、徳川時代には再現されなかった豊臣時代の唐破風やファサード装飾を再現していて、豊臣/徳川のハイブリッドデザインとなっているようだ。あまり時代考証など厳密ではなく、戦争で荒廃した大阪の復興のシンボルを兎に角建てよう!という市民の熱意の産物だから細かいことは言うまい。

 今日も中国や韓国、台湾、東南アジアからの観光客がバスを連ねて大阪城見物にやって来る。彼らはここに何を見て、何を感じて帰るのだろうか? かつて我々日本人観光客がテムズ川沿いのロンドン塔を訪ね、ここが血なまぐさい政治犯の監獄であり処刑場であったこと、アン・ブーリンやトマス・モアやスコットランド女王メアリーが断頭台の露と消えた場所であることを知り、その壁や床に染み込んだ怨念を感じて戦慄したことを思い出す。あるいはその対極としてのエリザベス女王の世界最大のダイヤモンドの展示に驚嘆し、やがて呆れたことを思い出す。なんだこの両極端のエゲツなさは、と。しかし、大阪城に来てそうした歴史の怨念を感じて帰る人はいるのだろうか。天守閣と壮大な石垣をみて、セルフィー撮って、インスタグラムにポストして帰るだけなのだろう。稀代の英雄Prince Toyotomiが築城した天下統一のモニュメントであるとガイドブックに書いてあるのだから、それを見れば十分だとばかりに。しかし、この城の地下深くに豊臣の怨念が封じ込められているのだということを誰か教えてやって欲しい。ここは日本の中世から近世への転換を象徴するモニュメントであり「戦国時代の終わりを告げる墓標」なのだと。



戦後再建された復興天守は鉄筋コンクリート造り
天守の位置は徳川大坂城の配置に従っている。

豊臣大坂城をすっぽり盛り土して埋めてしまった徳川大坂城

美しく壮麗な高石垣は徳川の大阪支配のシンボル。

現在の櫓

明治の頃の櫓
大阪市HPから引用


優美な曲線の武者返し

蓮如の石山本願寺がここにあった





大阪市豊臣石垣復興プロジェクトHPから引用


大阪城公園
大阪市HPより






ここからは、本丸の東にある梅園の様子をご紹介したい。まだ開花には早いが、ぼちぼち紅梅、白梅が咲き始めていた。


梅園からみた本丸・天守
内堀で隔てられている。


白梅一輪


紅梅

蝋梅が満開に

大阪ビジネスパーク:OBPを背景に



2018年1月24日水曜日

私的Nikon D850使用インプレッション 〜人気が止まらないワケ!〜


Nikon D850
Nikon HPより

 昨年9月の発売以来、ニコンD850の人気が止まらないのだそうだ。年末にはバックオーダーを解消すべくニコンも増産に力を入れたが、年明けてもまだ品薄状態で予約順番待ちが捌けないようだ。私はラッキーなことに発売日にゲットできた。(昨年9月9日のD850入手時のブログ )成長が鈍化したデジタルカメラ業界にとっても久々の大ヒット商品になった。経営が苦しいニコンにとっても起死回生のホームランだ。

 それもそのはず、D850はなかなかの優れものである。使うたびに益々その感を深くする。下記の作例をご覧いただきたい。なにかこれまでとは別次元の画質になっているのが感じられる。もちろん優秀なニッコールレンズ群あってのものではあるが、そのレンズ性能を遺憾なく発揮させてくれる最高のボディー登場と言える。
 雪の夜道はISO25600という高感度で撮影しているが、降雪によるボカシ効果があるものの全体のノイズ感は少ないし、あっても不愉快なものではない。夜道の街路灯の照明と反射した雪道、歩く人のシルエット、その顔の表情のディテール、雪道の轍のパターン。全体の階調が豊かで、雪景色にありがちな白黒の硬いコントラストではなくふんわりとむしろ温かみを持って再現されているているのに驚いた。
 また紅葉の写真は、やはり全体に光がまわり朝靄の森を背景に紅葉が過度に自己主張せずに表現されている。これまでの自分の紅葉写真とは異なる表現ができたと感じる。拡大すると対岸にいる見物客の一人一人の顔もはっきりと確認できる。高解像度と階調の豊かさという、これまでは二律背反と考えられていた要素を同時に実現できている。これはすごいことだ。

 D850は4575万画素という高画素機だ。一般に高画素だと画素ピッチが小さくなり、階調/ダイナミックレンジに不利であったり、高感度ノイズが目立ちやすくなるのだが、D850の階調は素晴らしい。作例のように高感度ノイズもかなり抑えられており、ノイズがあっても実用レベルで不快な画にならない。ニコンの総力を挙げて生み出した、最高レベルの画質を達成したデジタル一眼レフと言って良い。さらに高画素ながら高速連写機能も強化されて、スポーツ写真などにも対応できる。もっとも私「時空トラベラー」はもっぱら「風景写真」「情景写真」なので高速連写は使わないが。

 最高の「お道具」が今手元にある。私の感性をわしづかみにする異次元のイメージを創出してくれるカメラ。この友とますます撮影旅行に出かけようとうずうずしている。これは所有していることを喜び、磨きながら床の間に飾って愛でるカメラではない。ドンドン撮影現場に持ち出して、ガンガン使い倒すカメラだ。かつてデビッド・ダンカンやユージン・スミスなどのプロフォトグラファーのニコンFとニッコールレンズ機材が傷だらけで、歴戦の勇士の風格満点であったことを思い出す。使い傷こそニコンの勲章。それでも狂いもなくプロの要求に応えるタフさと繊細さ。まさにDependable, Durable Nikonだ。今回、技術のニコンが満を持して世に問うた最高機能満載機!惜しみない最高性能のパッケージがリーズナブルな価格で手に入るというコストパフォーマンス。人気となることは不思議ではない。日本の製造業の底力と、世の中の良い「お道具」を評価する眼に改めて驚嘆する。もちろん私の眼力にも狂いはなかったんだと嬉しくなる。



雪の通勤路
1/125 f.4.8  ISO25600
AF-S Nikkor 80-400
RAWで撮影、LightRoomでポジプリセット現像


後楽園の紅葉
1/1000 f.2.8  ISO125
AF-S Nikkor 24-70
RAWで撮影LightRoomでポジプリセット現像

後楽園の紅葉
1/500 f.2.8  ISO125
AF-S Nikkor 24-70
RAWで撮影LightRoomでポジプリセット現像


秋の街路樹
1/60 f.4 ISO 100
AF-S Nikkor 24-120
JPEGで撮影


秋の蘇峰公園
1/500 f.4  ISO 100
AF-S Nikkor 24-120
RAWで撮影LightRoomでポジプリセット現像



2018年1月17日水曜日

纏向遺跡の居館はなぜ東西軸なのか?

 2009年11月に発表された纒向遺跡における居館跡発見は世間を沸かせた。ついに「卑弥呼の宮殿」発見か?と。しかし、卑弥呼がいたという証拠は見つかっておらず、邪馬台国近畿説の期待感先行の騒ぎようであった。私はそれよりも3世紀の初期ヤマト王権の遺構であろうと考えるし、むしろ驚いたのは纏向遺跡の4棟の建物が、全て東西軸上に配置されていることであった。これまでの弥生倭国の遺構で、このような「方位」を明確に意識した建物配置は見つかっていなかったからだ。もしかすると、「初期ヤマト王権を打ち立てたのは誰なのか」という疑問を解くカギがここにあるかもしれないと感じ始めた。このころ既に北部九州の国々では朝鮮半島や中国との通交が活発に行われ、歴代の中華王朝への朝貢/冊封関係を通じて先進的な思想や文物、技術がチクシ倭国にはもたらされていた。早くから後漢や魏に使いを出していた奴国、伊都国、邪馬台国は中国の皇帝(天帝)が「方位」を重視して壮麗な都城を南北軸で造営していることを知っていたはずだ。しかしチクシ倭国の王たちはこの中華帝国の「方位」思想を取り入れた都城作りはしなかったようで、相変わらず弥生農耕集落伝統の深い堀を巡らした円形の環濠集落に暮らしていた。ところが3世紀、同じ時期に近畿ヤマト倭国には、「方位」を意識した居館、神殿を奈良盆地三輪山山麓の纏向に営んだ王がいた。南北軸ではなく東西軸ではあるが。

2009年11月の纒向遺跡現地説明会



遺跡の真西向き

纏向の居館遺跡から眺めると、11月の太陽は二上山のやや西南、
葛城山金剛山方面にに沈んでゆくように見える。


纏向宮殿/神殿発掘図
東西軸に対し5度ずれている。
桜井市HPより


纏向遺跡の俯瞰図
真東に山を背負い、右手に箸墓古墳、その背後に三輪山、左手の集落の中に纏向居館/神殿建物跡が
吉野ケ里遺跡のような環濠集落形態とは異なる「方位」を意識した都邑となっている。
桜井市HPより



 時代を下った6世紀以降の飛鳥の宮殿や都城は南北軸という「方位」に則った設計思想で造営されたことはよく知られている。この頃伝来した仏教の寺院(飛鳥寺、四天王寺など)建築も全て南北軸で設計されている。これは中国の北辰、すなわち北斗星を定点とする宇宙観に基づく都城設計の思想によるものである。すなわち「天子は南面し、臣は北面す」の考え方を取り入れた宮殿を中心とした都市設計である。8世紀の平城京や平安京がこの南北軸秩序に習って造営されていることは言うまでもないだろう。

 ではなぜ、3世紀の初期ヤマト王権の中心的な施設である纏向の居館は東西軸なのか?どのような宇宙観から設計されたのか? 先述のように、中国の都城の「方位」南北軸が北辰思想に基づくものであるのに対し、東西軸は、農耕社会に見られる太陽信仰に基づくものと考えられる。纏向遺跡の宮殿/神殿は、三輪山を東に、二上山を西に、ちょうど日の出、日の入りという太陽の運行軸上に配置された設計となっているわけだ。しかも環濠集落ではなく、農耕の痕跡も生活臭もない、人工的な、いわば「都市」建造物として設けられた。同じ自然崇拝、太陽信仰に基づくこれまでの弥生的な農耕集落、邑、国とは一線を画するイデオロギーを感じさせる。いわば「方位」概念に従った「王都」然としている。

 弥生農耕集落である環濠集落形式をその特色とした国(九州の吉野ヶ里を想像してみてほしい)にも「方位感」はあったに違いない。吉野ヶ里遺跡を見ると、北に死者を埋葬する墳墓群が検出されている。一方で伊都国王墓平原遺跡は高祖山を東に見る東西軸で営まれ、被葬者(女性であるようだ)は西に頭を向けて埋葬さている。紀元前の早良国王墓遺跡も神奈備型の飯盛山を西に背負う東西軸に「甕棺ロード」が形成されている。東西という「方位感」は稲作農耕社会の弥生の人々の自然観、宇宙観として受け入れられやすい。太陽神信仰が世界でも共通の初源的な自然崇拝、信仰形態であることも東西軸重視の考え方が特異なものではないことを説明しやすいだろう。しかし、このころのチクシには王の居館や神殿を東西軸上に配置するという構造は想定されていなかったようだ。

 3世紀にヤマトに新たな宮都纏向を営んだ王は、円形の環濠集落(チクシの吉野ヶ里遺跡やヤマトの唐子鍵遺跡のような)ではなく、「方位」をより重視し、軸上配置による「秩序」を意識した宮殿/神殿を整えた。しかし中国、朝鮮半島の都城のような南北軸ではないが、軸上に宮殿や神殿を配する考え方には大陸の影響が感じられるが、その思想には太陽神信仰の意識が現れているところに纏向の特色がある。「天子南面す」という南北軸が倭国/日本の宮殿/都城造りに取り入れられるのはさらに300年以上後になる。弥生的農耕社会において、太陽信仰という自然崇拝による祭祀を行う神殿を中心とした集落形成から、より「方位」を意識した王都形成へ、さらに中国的な宇宙観、方位観を取り入れた王都形成へと移行してゆく過渡的な姿ということなのだろうか。アニミズム的な自然現象を崇める原始農耕社会にあって重視される太陽の出入り(東西軸)よりも、不動の北極星を定点とする宇宙の姿を重視する。それを天下支配の正統性のモデルとする華夷思想、天帝思想。南北軸という秩序観は天下の統治秩序、すなわち中華皇帝(天帝)の徳を慕う蛮夷の王による朝貢/冊封という東アジア的世界秩序に重きを置いた、より文明の発展段階の進んだ「方位感」であったのだろう。

 ちなみにこの頃(3世紀)纏向遺跡周辺に出現した箸墓古墳などの前方後円墳は、その向きがまちまちで、統一した「方位」の概念、法則なく造営されているように見える。また纏向遺跡全体の構造も、居館建物以外はあまり「方位」を考慮した町割りになっていないらしいのも不思議だ。まだ全体の2%程度しか発掘調査が進んでいないので今後の調査結果次第ではあるが、当時の支配層には、建物造りに既に「方位」に対する意識があったことが推測されるものの、なぜ町割りや墳墓は方位に無縁なのか謎である。太陽神の神殿のみ東西軸に配置したのだろうか。すなわち「聖なる権威」の象徴たる神殿/居館と世俗世界、死後の世界を分けたのだろうか。

 それにしてもヤマトの王とは何者?どこから来たりし者なのか? このような纏向の建物配置は、東西と南北の違いこそあれ、「方位」意識とそれによるあらたな国や王権の「秩序」の考え方を表しており、大陸伝来の都城設計の影響を感じる。また纏向の神殿と思しき建物跡からは大量の桃の種が出土している。これは「桃の霊力」を利用する祭祀形態という中国の神仙思想や道教的思想を想起させる。3世紀の初期ヤマト王権は中華王朝との通交はあったのだろうか。あったとすれば、それはどの王朝とであったのか。おそらく「チクシ倭国」が朝貢した漢帝国や北方王朝である魏ではなかった可能性がある。南の王朝、呉、越、であろうか? さらには中国江南の越族やさらにはタイ、ベトナムの古代王朝との交流があったのだろうか。ちなみにこれらの地域の神殿は東西軸で配置されている。朝鮮半島経由とは別の黒潮ルート(琉球、タネ/ヤク、南九州、紀伊半島という)による大陸との通交があったのかもしれない。少なくとも魏志倭人伝に描かれた邪馬台国をはじめとする倭国の姿とは異なるもう一つの「倭国」が列島内にはあったらしいことを示唆するように思う。


三輪山と箸墓古墳



(参考)吉野ケ里遺跡

 弥生農耕集落の代表的な遺跡「吉野ケ里遺跡」を見て比較していただきたい。広大な環濠に囲まれた集落で、首長の居館エリア(南内郭)と神殿エリア(北内郭)が分かれている。環濠の外にも高床式倉庫や交易場、小集落が見られる。水田も環濠の外にある。居館/神殿建築は「方位」を意識した軸上配置にはなっていない。「纏向遺跡」とは全く異なる「都市設計」思想で営まれた「邑」「国」であることがわかるだろう。

環濠内はさらに南内郭(王の居住地域)と北内郭(神殿地域)とがわかれている。
人々の居住地域であるムラと北の埋葬地域を含む大掛かりな環濠集落となっている。
環濠の外には交易のための倉と市が設けられている。
水田は環濠の外に広がっている。
吉野ヶ里歴史公園HPより引用



広大な環濠集落
外にも倉庫や市、小集落がある

環濠内の南内郭は首長一家のの居住地域であるが、家屋は比較的簡素な横穴式住居

南内郭の物見台から北内郭の神殿が見える

北内郭は深い濠に囲まれ、高い柵に守られた神殿地域
巨大な神殿建物の隣には物見台が設けられている。