ページビューの合計

2014年2月21日金曜日

「筑紫の日向(ひむか)」は何処? 〜天孫降臨の地を探す〜

 記紀神話によれば、アマテラスの誕生の地、その孫のニニギ天孫降臨の地は、「筑紫の日向(ひむか)」であると記されている。すなわち律令時代の日向国、現在の宮崎県高千穂地方である、というのが定説になっている。しかし、以前「アマテラスは宮崎出身?福岡でなくて?」で考察したように、アマテラスと天孫族が穀霊神に繋がる稲作農耕神である事を考えると、弥生時代の最初期の稲作農耕遺跡(板付遺跡、菜畑遺跡など)や、その農耕集落の発展形たる、倭国連合のクニグニ/都邑の遺跡(須玖岡本遺跡、比恵遺跡、三雲南小路遺跡、吉野ケ里遺跡等等)などの考古学的な物証が集中している北部九州こそ我が国の稲作農耕文化の発祥の地であり、葦原中津国であったのではないかと思わざるを得ない。

 そう思っていたら、歴史学者のなかにも「筑紫の日向(ひむか)」は北部九州であろう、という説を唱えておられる方々がいる。なかでも上田正昭先生は、著書「私の日本古代史(上)」のなかで、やはり「韓国に向い...朝日の直射す...」は朝鮮半島が望める地域、すなわち奴国や伊都国の辺りの北部九州だろうと。また、田村圓澄先生も、著書「筑紫の古代史」のなかで、穀霊神や天孫降臨神話は朝鮮半島の新羅、伽耶辺りの王権神授説を指し示す神話と共通する点が多いとする。北部九州にそうした伝承が(稲作農耕文化伝来に伴って)引き継がれて来たのであろうか。

 水稲農耕文化である弥生文化が朝鮮半島を通じて大陸から伝わった北部九州の筑紫は、まさに倭国黎明期における経済/文化の最先進地域であったことは間違いない。ここから、縄文的な社会を形成していた日本列島を東へと、徐々に弥生文化は伝搬していった。であれば、7世紀後半8世紀初頭に編纂された記紀(八百万の神々の上位に立つ皇祖神の創出、各地豪族の神々の体系化、天皇支配のレジティマシーの可視化)で創出された天孫降臨神話(「日向神話」)は、「弥生水稲農耕神であるアマテラス(天つ神)の孫ニニギノミコトが、筑紫(北部九州)に降臨した(渡来した)物語である」と理解されてもおかしくないであろう。むしろ縄文世界を色濃く残す熊襲、隼人の地である南九州、しかも記紀編纂時点でもヤマト王権に服従しなかった地を、皇祖神誕生の地、天孫降臨の地、ヤマト王権のルーツとする方が不自然であろう。

 また「国譲り神話」の舞台である出雲は、背後に筑紫勢力の存在があり、筑紫の水稲農耕文化伝播の痕跡が至る所に見いだされる地域である。出雲在地の粟、稗畑作農耕神(縄文世界)の「国つ神」大国主一族が、筑紫に天下ってきた(渡来した)「天つ神」、水稲農耕神(弥生世界)たるアマテラス一族に「国を譲った」(縄文世界から弥生世界へ転換した)、とする形で語られた方が筋が通っているように思う。

 また、上田先生は、記紀が編纂された7世紀後半から8世紀初期は、まだ律令制下の日向国は成立していない時期であること、記紀の国生み神話にも筑紫国、豊国、肥国、熊曾国は出てくるが、日向国の存在は語られていないことから、「筑紫の日向(ひむか)」が現在の宮崎県・鹿児島県であるとは言い切れないとしている。ニニギノミコトが降臨した地は「筑紫の日向の高千穂の久士布流多気(くじふるたけ)」で、「此地は韓国に向ヒ、笠沙の御岬にまき通りて、朝日の直射す国、夕日の日照る国なり。故、此地はいと吉き地」だと語られていることから、韓国(からくに)に向かう地は北部九州だろうとする。アマテラス、ツクヨミ、スサノオ三貴子がイザナギの禊で生まれたとする「筑紫の日向(ひむか)の橘の小戸の阿波岐原(あはぎはら)」も北部九州のどこかである可能性があることになる。ちなみに福岡市には日向(ひなた)峠や小戸(おど)海岸(小戸神社がある)、糸島市にはクジフル山の地名がある。

 記紀に、「筑紫神話」が無い、筑紫が国の発祥の地、ヤマト王権、皇統のルーツであるとする認識が無いことを,以前から不思議に感じていたが、天孫降臨神話すなわち「日向神話」と言われる神話そのものが「筑紫神話」なのであるとしたら、その疑問は解消されることになるのだがどうであろう。邪馬台国が3世紀時点で九州にあったのか、近畿にあったのかはともかく、それ以前から弥生稲作農耕国家(クニ、都邑)は北部九州に多く発生していた。特に魏志倭人伝に記述があるように、2〜3世紀には北部九州(玄界灘沿岸から有明海沿岸まで)に倭国連合の主要なクニグニがあった。さらに紀元1世紀には奴国王のように後漢に倭国の王として柵封されていた(後漢皇帝の金印を受けていた)クニがあった。それがある時点で文化/経済/政治の中心が北部九州から近畿奈良盆地へと遷っていった。それが何時で、なぜ、どのように、という点は依然、謎に包まれているのだが。天孫族の子孫とされる神武天皇が筑紫を出て、新天地大和へ東征したエピソードも、こうした弥生文化の東遷を後世に物語化したものかもしれない。

 奈良盆地に広がる豊葦原瑞穂の国の原風景が、筑紫平野のそれとオーバーラップするのは、かつてそうした遷移があった事の暗示なのだろうか。デジャヴである。


(古代奴国、現在の福岡市上空。右手が博多湾、下に那の津大橋が見える。古代筑紫の面影は、今や150万都市の街中に囲い込まれてしまった緑の荒津山(西公園)くらいだ。遠景は古代伊都国のあった糸島半島である。)



(志賀島。漢倭奴国王の金印が発見された島。また海人族である安曇一族の発祥の地。一族の氏神、志賀海神社はこの集落の中にある。博多湾を取り囲む砂州で本土と繋がる陸繋島だ)



(「韓国に向い....朝日の直刺す国、夕日の火照る国なり」。ニニギノミコトが天上界から降り立った時に見た地上界の光景は、まさにこれだったのかもしれない)



(福岡市シーサイド百道から、夕日に映える糸島半島のランドマーク加也山(かやさん)を望む。古代伊都国の残像、その名は、朝鮮半島の伽耶(かや)は加羅(から)から来ていると言われる。故郷を懐かしんで命名したのであろうか)

2014年2月15日土曜日

Leica X Varioの使用感  〜ライカがデジカメ造るとこうなる?〜

ライカ社が、一昨年の10月に新製品発表ティーザー広告で、ミ二Mとして紹介し、いよいよフルサイズセンサー、Mレンズ交換式ミラーレスがデビューか?とファンが大いに期待した。しかし翌年の6月に市場に登場したのはAPS-CサイズCMOSセンサー(1620万画素)で、固定式28ー70mmズームレンズ付きコンデジだった。すなわちXシリーズのズームレンズバージョン。こりゃMじゃないよ、という事で多くのファンがガッカリ。そういう騒ぎを提供したのがこのカメラだ。ズームレンズも28−70mmという極めてコンサバなレンジで、しかもF値が3.5-6.4という暗いもの。これで市場価格は34万円というから、誰が買うんだ?と。

私自身、発売以来、その話題には興味があったが、手を出すつもりは全くなかったこのX Vario。遅まきながらこのたび、使用する機会を得たので、私なりの使用感を述べてみたい。一言で言えば、やはりこのX Varioはいい意味でも悪い意味でも、極めて「ライカ的」なカメラだ、ということ。高らかにMade in Germanyのデジタルカメラであることを唱っている。ライカが独自に(パナソニックのOEMでなく)デジタルカメラを開発するとコウなる、と言いたいようだ。ううん〜、そういわれると安易に日本製のコンパクトデジタルカメラ、あるはミラーレスと比較してはいけないのかな、と感じ始めた。そこには写真機に対する思想と文化の違いみたいなものがありそうだし。

先ず,私なりのPros and Consを書き出してみた。

Pros:
1)ライカらしいソリッドな金属ボディー。無理にコンパクトさを狙わずホールド感がいい。
2)妥協の無い優れた描写性能のズームレンズ(Mにはズームレンズのラインアップがない)。歪曲も少なく、隅々までシャープ。ライカ独特の立体感まで表現している(M240+単体レンズのように、とまではいかないが)。
3)望遠70mm端で最短30cmまで寄れる(その他は40cm。ただ、これを欠点だという人もいるが)。開放f.6.4にしてはボケ味も悪くないし、結像部分はきわめてシャープ。
4)AFからマニュアルフォーカスへの切り替えがリニアに出来る操作性(マニュアルフォーカスアシスト機能があり、結構効果的)。

Cons:
1)ズーム域が今時コンサバすぎる。せめて24ー100mmくらい欲しい(超解像ズームは望まないまでも)
2)レンズが暗い。特に70mmのf.6.4は現代レンズとしては暗すぎ。f4通しにしてくれた方が良いが、レンズサイズ上これが限界か。
3)AF合焦速度は、明るいところではまずまずだが、暗いところでの合焦はなかなかむつかしい(だからマニュアルを使え..か)。
4)画像再生/読込速度が遅い。再生画面の切り替えに非常に時間がかかる(Mもそうだが、そもそも遅いプロセッサー、バッファーメモリーを使用しているらしい)。
5)背面の十字キーの位置と操作性は何とかならないか(真ん中にファンクションキーではなく、セットキーを置いて欲しい。M240のそれと変えた意味は?)。また撮影時に、親指付け根でキーを不用意に触ってしまい設定が変わる。
6)EVF付けたとき、露出補正がファインダー覗いたままできない(いちいち眼を離して液晶画面で確認しなくてはならない)。これは何のマネだ?
7)他社製品との相対で価格が高すぎる(多分これが最大のCon)

昨今の日本の各社が相次いで市場に投入しているミラーレス機と比較すると、これ以外にも言いたい事がつぎつぎ出てくるが(手振れ補正が無い等)、あえてそれは封じた。それにしてもProsは、少なすぎるように思えるかもしれないが、要は、数字上のスペックを狙わず、無理の無い設計で、ズームレンズの描写性能に挑戦した点と、ライカらしい質感を大事にした点、この二つに尽きる。特にズームレンズ性能の秀逸さは他社ミラーレスの及ぶところではない。

ライカ社はMシリーズはあくまでも、レンジファインダーが主でライブビューは従だ、と頑に位置づけている。したがって、レンジファインダーであるが故のレンズ設計の制約(ズームレンズはダメ、0.7m以下の最短撮影距離もダメ、望遠、マクロレンズも制約)をそのまま受け入れて、今後も変えるつもりはないようだ。そのかわり、M240にライブビュー機能を搭載し(あくまでも補助的に)、従来の一眼レフレンズ群であるRレンズ用にアダプターを用意して、M240ボディーでズーム、マクロ、望遠使用を可能とする手段に出た。

これに加えて、コンパクトなXシリーズ用に新たにズームレンズVario Elmarを開発した、ということなのだろう。これはあくまでXシリーズであって、Mではないのだが、ただ、このVario-Elmarは、なかなかの名レンズの素地を持っていると思う。なにしろズームレンズ特有の欠点が極力取り除かれている。画面の隅々までよく写るし、ヌケもよい。単焦点レンズにこだわるライカ社のレンズ設計基準に近い画質のズームレンズだけをライカ名のラインアップに加える、というポリシーみたいなものを感じる。歪曲収差や周辺光量不足、解像度などのレンズの基本的描写性能を守り、コンパクトにしようとすると、このような保守的なスペックになったのだという。このズームレンズを専用にチューンしたXボディーに固定した。普及版のコンデジではないぞ、と。

結論。X Varioは、単焦点レンズMシリーズに加えて、どうしてもライカのズームが欲しい人用のカメラだと思う。日本製のコンデジやミラーレスの対抗馬として企画されたのではないだろう。逆に言えば、Mシリーズにズームレンズラインアップが期待出来ないなら、APS-CセンサーのXボディー付きのズームレンズ、Vario Elmarが手に入るようになったと思えばよい。価格もそう思えば単焦点Mレンズが一本30万円〜が当たり前(!)の中,「お買い得」と言えるのかもしれない。もちろん、これに同意する人は極めて少数派だろう。これを認めない人には,とんでもないお高くとまったデジタルカメラ、という評価になる。繰り返すが、あくまでもこれはXである。Mではないのだから。まあ、いろんなカメラがあって選択肢が増えるのはいい。別に人気ランキング一位のカメラが「いいカメラ」という訳ではないのだし。

そもそも、ライカ社と日本のカメラメーカとの間には、カメラという商品に対する基本思想の違いがあるように感じる。あくまで画質優先。基本性能にこだわる(日本製がこれらで必ずしも劣るとは思わないが)。そして(これが重要なのだが)そのためにはコストと手間を惜しまない(コストパフォーマンスの良さなど求めない)。基本性能向上に不要な機能は盛り込まない。きわめてコンサバな姿勢だ。だから日本の市場では、一部の趣味人を除いて、なかなか受け入れられないのかも。ネット通販のMカメラのサイトを発売以来ウオッチしていたが、新製品発売直後のユーザの反応が面白い。「買うに値しないカメラ」という「炎上寸前の」酷評から、「ライカらしくて欲しくなる」という評価まで,これほど毀誉褒貶の激しいカメラも珍しい。けなしている人は他社のミラーレスを念頭に,価格表を眺めているのだろう。褒めている人も「ライカらしい」という経済合理性とは異なる評価基準によるものであるところが面白い。この頃はようやくそのレンズ性能を評価するコメントも増えて来たが、一方、早くも中古市場には「美品」クラスの在庫が山積みだ。

それでもライカ社は、値引きもせず、今後も安易に市場に迎合しないであろう。その頑な姿勢を評価すべきかもしれない。価格競争とスペック競争のジレンマに陥り、業界自体が自滅して行く、という悪循環から脱する商品戦略とはこういう事なのかもしれない。ブランド価値という差異化戦略だ。しかし、その一方、ニコンのように、新しい技術や機能を、まずは普及機に搭載して、ユーザや市場の反応を見極め、技術的な信頼度が熟してから、ハイエンド機に搭載してゆく、というようなマイグレーション戦略も、きわめて合理的な差異化戦略だとも思うのだが。それにしても,ライカ社はもう少しデジタル化のための技術をブラッシュアップしてもらいたいものだ。バグの多いカメラはやはりブランドイメージを傷つける。デジタルカメラとなった以上、それが基本性能のブラッシュアップなのだから。



(LeicaM Type240との比較。確かにデザイン的な統一感を出すことには成功している。一回りコンパクトなサイズだが、ミ二Mというには...)



(軍艦部にはシャッターダイアル、絞りダイアル。露出補正ダイアルはない。アクセサリーシューには別売りのEVFを装着出来る。やはり、このスペックにしてもレンズがデカイ。しかしズーミングによるレンズ繰り出し量は少ない。)



(大雪に見舞われた東京。ようやく「平常運転状態」へ。歪曲も周辺光量不足も少なく安心出来るズームレンズだ)



(雪の中から梅の花が咲き始めた。望遠側70mmで最短30cmまで寄ることができる。結構なクローズアップ効果が得られ、開放f値がf.6.7にもかかわらず、背景のボケも良い感じだ)



(羽田国際線ターミナル。広角28mmエンドで撮影。下方の水平方向の直線に全く樽型歪曲も見られない秀逸なズームレンズ)