ページビューの合計

2010年4月6日火曜日

花の旅は続く 桜花を求めてさらに長谷寺へ

大野寺を後にして、再び近鉄電車で長谷寺へ。
ここは言わずと知れた花の寺。桜に牡丹、秋の紅葉と四季を通じてご本尊十一面観音を彩る美しい寺。

山腹の塔堂伽藍を包むように桜が今を盛りに咲き誇る。

これまで長谷寺全景を写真に収めたことがないので、行く前に地図で撮影スポットを調べる。

近鉄長谷寺駅を降りて坂を下り、初瀬街道を東に歩く。長谷寺参道へ右に折れる地点に與喜天満宮という天神様のお社へ登る階段がある。ここはちょうど谷を隔てて長谷寺境内の反対側に位置する絶景スポットだ。

ここからは山門、登廊、舞台がせり出した本堂、三重塔などの伽藍が一望出来る。
天神様の境内まで登り切ってしまうとかえって長谷寺は見えない。途中の参道石段からの風景と、一番麓の橋からの風景がおすすめ。