ページビューの合計

2018年1月17日水曜日

纏向遺跡の居館はなぜ東西軸なのか?

 2009年11月に発表された纒向遺跡の新発見は世間を沸かせた。ついに「卑弥呼の宮殿」発見か?と。しかし、そんな証拠は見つかっておらず、邪馬台国近畿説の期待感先行の騒ぎようであった。私はそれよりも3世紀の初期ヤマト王権の遺構であろうと考えるし、むしろ驚いたのは纏向遺跡の4棟の建物が、全て東西軸上に配置されていることであった。これまでの弥生倭国の遺構で、このような「方位」を明確に意識した建物配置は見つかっていなかったからだ。もしかすると、「初期ヤマト王権を打ち立てたのは誰なのか」という疑問を解くカギがここにあるかもしれないと感じ始めた。このころ既に北部九州の国々では朝鮮半島や中国との通交が活発に行われ、中華王朝への朝貢/冊封関係を通じて先進的な思想や文物、技術がチクシ倭国にはもたらされていた。早くから後漢や魏に使いを出していた奴国、伊都国、邪馬台国は中国王朝の皇帝(天帝)が「方位」を重視して壮麗な都城を南北軸で造営していることを知っていたはずだ。しかしチクシ倭国の王たちはこの中華帝国の「方位」思想を取り入れた都城作りはしなかったようで、相変わらず深い堀を巡らした円形の環濠集落に暮らしていた。ところが3世紀、同じ時期に近畿ヤマト倭国には、「方位」を意識した居館、神殿を奈良盆地三輪山山麓の纏向に営んだ王がいた。南北軸ではなく東西軸ではあるが。

2009年11月の纒向遺跡現地説明会



遺跡の真西向き

纏向の居館遺跡から眺めると、11月の太陽は二上山のやや西南、
葛城山金剛山方面にに沈んでゆくように見える。


纏向宮殿/神殿発掘図
東西軸に対し5度ずれている。
桜井市HPより


纏向遺跡の俯瞰図
真東に山を背負う
右手に箸墓古墳、その背後に三輪山、左手の集落の中に纏向居館/神殿建物跡が
現在の道路は東西南北に走っているが
桜井市HPより



 時代を下った6世紀以降の飛鳥の宮殿は南北軸という「方位」に則った設計思想で造営されたことはよく知られている。この頃伝来した仏教寺院(飛鳥寺、四天王寺など)も全て南北軸で配置されている。これは中国の北辰、すなわち北斗星を定点とする宇宙観、華夷思想、天帝思想に基づく都城設計の思想によるものである。すなわち「天子は南面し、臣は北面す」の考え方を取り入れた宮殿を中心とした都市設計である。平城京や平安京がこの南北軸秩序に習って造営されていることは言うまでもないだろう。

 ではなぜ、3世紀の初期ヤマト王権の中心的な施設である纏向の居館は東西軸なのか?どのような宇宙観から設計されたのか? 先述のように、中国の都城の「方位」南北軸が北辰思想に基づくものであるのに対し、東西軸は、農耕社会に見られる太陽信仰に基づくものと考えられる。纏向遺跡の宮殿/神殿は、三輪山を東に、二上山を西に、ちょうど日の出、日の入りという太陽の運行軸上に配置された設計となっているわけだ。しかも環濠集落ではなく、農耕の痕跡も生活臭もない、人工的な、いわば「都市」建造物として設けられた。なにかこれまでの弥生的な農耕集落、邑、国とは異なるイデオロギーを感じさせる。いわば「王都」然としている。

 弥生農耕集落である環濠集落形式をその特色とした国(九州の吉野ヶ里を想像してみてほしい)にも「方位感」はあったに違いない。吉野ヶ里遺跡を見ると、北に死者を埋葬する墳墓群が検出されている。一方で伊都国王墓平原遺跡は高祖山を東に見る東西軸で営まれ、被葬者(女性であるようだ)は西に頭を向けて埋葬さている。紀元前の早良国王墓遺跡も神奈備型の飯盛山を西に背負う東西軸。東西という「方位感」は稲作農耕社会の弥生の人々の自然観、宇宙観として受け入れられやすい。太陽神信仰が世界でも共通の初源的な自然崇拝、信仰形態であることも東西軸重視の考え方が特異なものではないことを説明しやすいだろう。しかし、このころのチクシには王の居館や神殿を東西軸上に配置するという構造は想定されていなかったようだ。

 3世紀にヤマトに新たな宮都纏向を営んだ王は、円形の環濠集落(チクシの吉野ヶ里遺跡やヤマトの唐子鍵遺跡のような)ではなく、「方位」をより重視し、軸上配置による「秩序」を意識した宮殿/神殿を整えた。しかし中国、朝鮮半島の都城のような南北軸ではなく、東西軸を取り入れた。 軸上に宮殿や神殿を配する考え方には大陸の影響が感じられるが、その思想には太陽神信仰の意識が現れているところに纏向の特異性がある。「天子南面す」という南北軸が倭国/日本の宮殿/都城造りに取り入れられるのはさらに300年以上後になる。弥生的農耕社会において、太陽信仰による自然観に基づく集落/王都形成から、より「方位」を意識した王都形成へ、さらに中国的な宇宙観、方位観を取り入れた王都形成へと移行してゆく過渡的な姿ということなのだろうか。アニミズム的な自然現象を崇める原始農耕社会にあって重視される太陽の出入り(東西軸)よりも、不動の北極星を定点とする宇宙の姿を重視する。それを支配の正統性の思想とする華夷思想、天帝思想。南北軸という秩序観は天下の統治秩序、すなわち中華皇帝(天帝)の徳を慕う蛮夷の王による朝貢/冊封という東アジア的世界秩序に重きを置いた、より文明の発展段階の進んだ「方位感」であったのだろう。

 ちなみにこの頃(3世紀)纏向遺跡周辺に出現した箸墓古墳などの前方後円墳は、その向きがまちまちで、統一した「方位」の概念、法則なく造営されているように見える。また纏向遺跡全体の構造も、居館建物以外はあまり「方位」を考慮した町割りになっていないらしいのも不思議だ。まだ全体の2%程度しか発掘調査が進んでいないので今後の調査結果次第ではあるが、当時の支配層には、建物造りに既に「方位」に対する意識があったことが推測されるものの、なぜ町割りや墳墓は方位に無縁なのか謎である。太陽神の神殿のみ東西軸に配置したのだろうか。すなわち「聖なる権威」の象徴たる神殿/居館と世俗世界、死後の世界を分けたのだろうか。

 それにしてもヤマトの王とは何者?どこから来たりし者なのか? このような纏向の建物配置は、東西と南北の違いこそあれ、「方位」意識とそれによるあらたな国や王権の「秩序」の考え方を表しており、大陸伝来の都城設計の影響を感じる。また纏向の神殿と思しき建物跡からは大量の桃の種が出土している。これは「桃の霊力」を利用する祭祀形態という中国の神仙思想や道教的思想を想起させる。3世紀の初期ヤマト王権は中華王朝との通交はあったのだろうか。あったとすれば、それはどの王朝とであったのか。おそらく「チクシ倭国」が朝貢した漢帝国や北方王朝である魏ではなかった可能性がある。南の王朝、呉、越、であろうか? さらには中国江南の越族やさらにはタイ、ベトナムの古代王朝との交流があったのだろうか。ちなみにこれらの地域の神殿は東西軸で配置されている。朝鮮半島経由とは別の黒潮ルート(琉球、タネ/ヤク、南九州、紀伊半島という)による大陸との通交があったのかもしれない。少なくとも魏志倭人伝に描かれた邪馬台国をはじめとする倭国の姿とは異なるもう一つの「倭国」が列島内にはあったらしいことを示唆するように思う。


三輪山と箸墓古墳

箸墓古墳は「方位」を意識した配置、向きになっていない。



2018年1月1日月曜日

2018年平成30年正月を迎えて

 
2018年の初日の出
東京は穏やかな新春を迎えた



2018年平成30年年頭所感。

 曇天、初雪の大晦日に比べ、2018年元旦は、一転、快晴の穏やかな1日となった。午前零時の大井埠頭の一斉汽笛とお台場の花火とともに明けた2018年。見事な初日の出を拝むことができた。

 今年は平成30年。平成を振り返る番組が正月から特集されている。今年が平成最後の一年になるからだ。これは我が国の歴史上画期的な出来事だ。なぜなら来年2019年5月に元号が変わることが事前にわかっているからだ。昨年、天皇陛下の退位のご意向が明らかになり、平成31年4月30日に天皇陛下は退位されることとなった。いわゆる生前退位である。ご高齢、象徴天皇としてのご公務継続に支障ということで、ご自身が退位の意思を表明された。皇太子が5月1日に即位され新天皇になられる。すなわち元号が改まる。平成は31年で終わることが事前に決まったというわけだ。そうか、もう振り返る「時代」に成ったのか平成は。平成生まれの若者は、小渕官房長官の「平成」という新元号を掲げる写真を「歴史の教科書」で見たことあると曰う。昭和なぞ、もうすでに「歴史」になってしまったわけだ。「ゆく年や昭和は遠くなりにけり」

 こうした改元は日本だけの事情であるが、元号がその時代を象徴するキーワードになる。「昭和」が「明治」の国家の近代化の行き着く所の無謀な戦争と無残な敗戦、奇跡の戦後復興と高度経済成長、という激動の時代であったのにたいし、「平成」はバブル崩壊、失われた20年の時代。日本が高度成長を終えて、低成長、少子高齢化、人口減少、の時代を歩み始めた時代である。世界を見渡すと、日本のアジアにおける19世紀後半の近代化のトップランナーとしての役割と経済成長牽引役は、21世紀に入り中国へと移り、さらにその中国が世界のリーダーアメリカにとって変わろうとする時代に入った。戦後レジームは大きく変わろうとしている。戦後をリードしたグローバリズムとリベラリズム、知性主義が後退し、自国ファースト、反移民、ポヒュリズム、反知性主義へ揺り戻しの時代へと大きくステージが変わりつつある。2016年のイギリスのEU脱退国民投票、いわゆるBrexitを皮切りに、欧州における反グローバリズムと反移民、極右勢力の伸張、11月にはアメリカはその憲政史上およそもっともふさわしくない人物を大統領に選択した。すなわちアメリカは自由と民主主義と資本主義の旗を掲げ、宿敵共産主義を倒し、正義と繁栄の戦後レジームを築いたリーダとしての地位と、その誇りをかなぐり捨てることを選択した。そして2017年は核兵器を弄ぶトランプと金正恩に振り回された年となった。

 2018年はどのような年になるのだろうか。日本では30年に及ぶ長い停頓の時代、平成が最後の一年を終えようとしている。日本も世界も負のスパイラルを変えることができるのか。日本は新たな成長と繁栄の時代を築けるのか。いままでのような平和を享受できるのか。残念ながらあまりポジティヴな展望が開けない気がする。為政者や国家の動きに任せていると、個人はどこへ連れて行かれるかわからないという不安がある。ポピュリズムや反知性主義は、すなわち国民の現行の国家や政治権力への不信の表れだ。しかし、その反作用としてリベラリズムやグローバリズムを否定するグループを支持するという誤った選択肢を選ぼうとしている。さらに大衆受けする政策のスピーディーな意思決定と実行、これまで営々と気づきあげてきたものを一気に否定する「分かりやすさ」が国民の熱狂を呼ぶ。しかし、ふとドイツの戦後復興(第一次大戦)を規定した理想主義的なワイマール体制への批判がナチスを生んだ状況が脳裏をよぎる。ナチスは、BOPだけでなく、政治無関心層であった中産階級や、裕福な上流階級にも一気に支持されていった。ナチスのスローガンの一つは「信頼の政治」「政治の効率性」だ。しかし政治や為政者を簡単に信頼することができるなら民主主義も自由主義も法の支配生まれてこなかっただろう。これらのシステムは、専制君主であれ、民主的に選ばれた指導者であれ、独裁者であれ「為政者への不信」が原点にあるものだ。政治を経営や経済のような数量的な合理性や効率性でのみ測ることはできない。民主主義とは結構めんどくさいものだ。「分かりやすい」説明には時として落とし穴があることを知っておくべきだ。多様な価値観の調整には時間がかかり、万人に分かりやすい仕事ではない。しかしそれを厭うことがあっては危険だ。二度の世界大戦を経験した世界はその歴史にまだ学んでいない気がする。こうなると人は国家という枠組みとは別に、世界市民として、グローバルヴィレッジの住民として、一私人として、平和で幸福な人生を歩める社会を目指して連帯して行くべきかもしれないとすら思う。もし国民が衆愚政治にも独裁政治にもならぬように為政者を監視する能力と忍耐を放棄するのなら、これからも国家という枠組みが私人の幸せを保証する枠組みであり続けるのか疑問を抱かざるを得なくなってしまう。


Super Moon
on 2nd January

2017年12月28日木曜日

八木札の辻 〜「時空」の十字路〜

八木札の辻
横大路(伊勢街道、初瀬街道)と下ツ道(中街道)の交差点


 大和路散策の「時空トラベラー」が必ずといって良いほど利用する駅といえば?そう近鉄大和八木駅。近鉄大阪線と近鉄橿原線が交差する「鉄道交通の要衝」である。近鉄大阪上本町から桜井、三輪神社、山辺の道、長谷寺、室生寺へ向かう時には必ず経由する。また京都、西大寺方面から橿原神宮、橿原考古学研究所、飛鳥、吉野方面に向かう時にも経由する。あるいは大阪上本町から飛鳥に向かう時にはここ大和八木が乗換駅である。特急、急行停車駅だ。大和八木駅の近くには、今井町という寺内町、環濠集落が中世の姿そのままで残る不思議空間がある(八木西口が最寄り駅だが、大和八木からは目と鼻の先)。さらにウンチクを語れば、日本一長い路線バス、奈良交通の十津川村、熊野古道経由「新宮行き」バスはここ大和八木駅前から出発する。ここは大和路散策には欠かせない重要拠点ということになるわけだが、しかし、実はここで降りて街を散策する人はまずいない。私も実際、歩いてみたことはない。どんな街なのだろう。一度は探検してみる必要がありそうだ、と「時空トラベラー」的な好奇心が疼き始める。こんな重要な分岐点に何もないはずがない、という直感。ここは橿原市八木。地図を見ると先ほどの今井町だけでなく、藤原宮趾や耳成山も近い。古くは藤原京の西南の角(西京極)に位置する場所、古い街道筋の街並み、中世の環濠集落跡と思しき匂いの集落もある。Google Mapを見るとふと「八木札の辻」という表示が目に飛び込んでくる。なんだか面白そうだ。駅からは徒歩で7〜8分。メインストリートを外れながら歩を進める。やがて「八木札の辻」の表示を発見する。

 「八木札の辻」は、飛鳥時代からの古代の官道、東西に走る横大路、南北に走る下ツ道が交わるところである。今では、幹線道路から外れた集落の中を東西南北に走る細道、いわば生活道路になっているが、かつて横大路は重要な官道。飛鳥から西へ向かい竹内街道とつながり、二上山山麓の竹内峠を越え、丹比道、河内、難波へと通じる飛鳥の幹線道路であった。途中は古市古墳群や百舌鳥古墳群を抜け、難波宮に繋がる。さらには瀬戸内海、那の津を通じて大陸に繋がる文明の道。大陸からの外交使節が飛鳥、奈良に向かい、遣隋使、遣唐使が大陸に旅立っていった道。いわばシルクロードの東の果てと言って良いだろう。一方の下ツ道は上ツ道、中ツ道とともに大和盆地を南北に走る三本の古代官道の一番西の道。藤原京の西京極から平城京の中心、朱雀大路に繋がる重要な官道である。平城京造営の時には、建築/土木工事に必要な資材の運搬、藤原京から移転する建物や家財などを運ぶ列がこの下ツ津道を埋め尽くしたのだろう。そういう古代ヤマト倭国のクロスロードであった地点が「八木札の辻」なのだ。


大和の古道
Wikipediaより引用

 時間を一気に千百年ほど下った近世、江戸時代になると、横大路を含む東西の道は、長谷寺詣や伊勢詣に向かう初瀬街道、伊勢街道と呼ばれるようになる。また下ツ道は中街道と呼ばれるようになり、南は紀伊、吉野から、北は奈良を越えて山城、京へ通じる道となる。この二つの街道が交わる八木は、伊勢神宮や大峰山への参詣者、巡礼者で大いに賑わい、旅籠や茶店が軒を連ねる殷賑な街「八木札街(やぎふだのつじ)」と呼ばれるようになった。今は道筋ははっきりと確認できるが、通りに面して幾つかの古い商家や古民家が残っているものの、今井町のような圧倒的な中世、近世の街並みの残存率は期待できなくなっている。しかし、この「時空の交差点」には18〜19世紀の建築と思われる旅籠の建物と井戸の趾が残っている。東の平田家、西の平田家である。東の平田家建物は、最近まで子孫の方がお住まいで、時計屋を営んでおられたそうだ。しかし、商売を止めて市に建物を寄付。復元、修景保存されて「八木札の辻交流館」として一般に公開されている。その向かいの西の平田家建物は昔のまま現存しており、今でも子孫の方がお住まいだという。この二つの建物は、南側に切り妻、二階に欄干手すりという特色を共有する旅籠建築である。幕末の嘉永6年1856年の「西国三十三所名所図会」に描かれた「八木札街(やぎふだのつじ)」を見ると、この二つの旅籠と交差点の真ん中に高札場と井戸が確認でき、行き交う人々で賑わう様が描かれている。

 こうして今まで通過点でしかなかった大和八木駅で途中下車すると、素敵な「時空旅」が待っていた。大和にはいたるところにタイムホールが存在し、時間を超えた旅ができることを再認識する。しかし時空写真は難しい。その時代の心象風景、情感を古い町並みから嗅ぎ出して写し取ることは、現代のデジタル技術、AIをフル活用してもなかなか難しい。情感の表現は自分が感じ取った心の中にあるものを表現しなくてはならない。まず何を感じ取るかは、その人の歴史や習俗に関する深い知識と洞察力に根ざした感性による。デジタルやAIは技術であり道具にすぎない。高精細な写真を大量に撮ることは簡単になったが、ともすれば説明的な写真ばかりが並んでいてつまらない「情感」が映し出されている一枚を選び出すのはAIではない。入江泰吉マエストロの境地に達するには技術ではない。「時空トラベラー」が「時空フォトグラファー」になるのはまだまだ越えなくてはならないヤマがいくつもありそうだ。



嘉永6年(1853年)の「西国三十三所名所図会」に描かれた「八木札街
中央に高札場と井戸が描かれている。この井戸は半分になって現存している。




八木札の辻交流館
かつての東の平田家(旧旅籠)
18世紀後半から19世に前半に建てられたとされる建物の復元


古代官道「下ツ道」、後の中街道の今


八木札の辻
西の平田家(こちらも旅籠であった)

東の平田家一階居間
格子戸越しに通りが見える



旅籠の玄関


現存する井戸

二階客室への階段


二階客室
欄間に凝っている

客室
六畳間、八畳間、三畳間がある
客室
二階客室から坪庭を見る
向かいの建物の瓦も昔ながらの本瓦

二階から通りを隔てて向かいの「西の平田家」
見事な本瓦葺きの屋根

札辻を見下ろす

西の平田家建物
こうやってみると二階はオリジナルの本瓦葺きの屋根であるのに対し、
一階部分は後世の瓦で葺き直されていることがわかる。

二階の客室をぐるりと取り巻く高欄
横大路、伊勢街道方面

 欄間透かし彫りコレクション。これから向かう旅先の伊勢神宮、二見浦や住吉大社などの物語を題材にしているという。









重い瓦屋根を頑丈な梁が支えている


軒に設けられた遊び心

(撮影機材:Leica SL + Vario Elmarit-SL 24~90/2.8~4 ASPH)



 アクセス:近鉄大和八木駅南口から徒歩7分。


交流館パンフレットより



2017年12月24日日曜日

古代原始林の面影残る「糺ノ森」を逍遥す


糺ノ森

 京都の高野川と鴨川の合流点の北に広がっている鬱蒼とした森、賀茂御祖神社(通称下鴨神社)の社叢林である糺ノ森は、古代山城国時代の原始林の諸相をよく残す森であると言われる。平安遷都の頃には約500万平方メートルを誇った森も、時代を経て徐々にその面積が狭くなって行き、中世の「応仁の乱」では森が広範に焼失してしまったという。このような原始林をも焼き尽くした「応仁の乱」がいかに破壊的な戦乱であったかを物語っている。その後下鴨神社の社叢地として手が入れられて幾分整備されたものの、また明治維新後の社寺地の官有地化で森が減り、現在では往時の7分の一の面積になったと言われている。森の中にはいく筋かの小川や地下水脈があり、豊かな植生を育み、京都市内にあって貴重な水生植物の揺籃にもなっている。

 糺ノ森では古代祭祀跡が発掘されている。現在のような壮麗な社殿が創建される以前の原始神道の祭祀形態である磐座(いわくら)跡が複数箇所確認できる。もっとも、時代的には平安末期から鎌倉初期のもので、大和三輪山中の磐座や筑紫宗像大社の沖ノ島や高宮斎場のような弥生、飛鳥時代から続く屋外祭祀跡に比べると新しい。しかし、このような祭祀形態が平安末期から鎌倉初期まで続いていたことを示す貴重な遺跡だ。

 この上賀茂/下鴨神社は古代豪族である鴨(賀茂)氏のゆかりの神社である。末裔には鴨長明(下鴨社境内の河合神社の神官の息子で、「方丈記」の著者)や賀茂真淵(江戸時代の国学者)などの著名人があり、現在も賀茂/鴨/加茂を姓とする一族が続く日本の名家の一つである。ところがこの鴨(賀茂)氏、なかなか謎の多い豪族であり、その由来、出自が必ずしもわかっていない。

 鴨氏には大きく2系統あるといわれる。山城葛野の賀茂氏と大和葛城の鴨氏である。他にもあるようだが、この上賀茂/下鴨神社を依代とする山城葛野の賀茂氏系統は、日本書紀、古事記に、神武天皇の東征に際して熊野から大和に向かう道案内をした「八咫烏」の伝承に繋がる一族であるとされている。すなわち天神系の神を祀る一族であるという位置付けになっている。一方、大和葛城の鴨氏は、出雲系で三輪山の神、大国主命、大物主命、大田田根子(おおたたねこ)の伝承に繋がる一族であるという。すなわち国つ神、地祇系の神を祀る一族であるとされている。葛城と言えば大和盆地で大王家と勢力争いした一大勢力葛城襲津彦(葛城氏)との関係が問われるのだが、これもはっきりした伝承や記録が残っていない。しかし鴨氏と葛城氏は非常に近い関係にあったと考えられている。大和葛城の高鴨神社を依代とする。

 一方でこの葛城の鴨一族がのちに山背(後の山城)葛野に移ったのが上賀茂/下鴨神社の祭主である賀茂氏であるという説も唱えられている。同じく山背葛野を拠点とした渡来系氏族の秦氏(太秦広隆寺は秦氏の創建)との関係も深い。この秦氏は中国あるいは朝鮮半島から渡来した一族「弓月君」の末裔で、もともとは大和葛城に定住していた渡来系氏族と言われる。こちらも初期ヤマト王権により山背の葛野に移され、その後彼の地に大きな勢力を誇った。やがて和気清麻呂に協力して桓武帝の平安遷都を支援したと伝えられる。。

 このように定説がないのだが、初期ヤマト王権成立時に王権(三輪王朝)に対抗する一大勢力であった葛城襲津彦(葛城王朝)が争いに敗れ滅亡し、その残存勢力(鴨氏、秦氏を含む)が大和葛城から山背葛野に移動した(させられた)ようだ。先述のように強力な渡来系氏族の系譜を引き継いでおり、8世紀後半には平安遷都に大きな貢献を果たした。平安京の有力氏族になってゆくのだが、やがては平城京から移ってきた宮廷貴族である藤原一族が摂関政治により朝廷を牛耳ってゆく歴史は改めて語るまでもないだろう。賀茂氏は上賀茂/下鴨神社の祭主/神官として血脈をつないでゆくことになる。古代原始林はこうした歴史を見守ってきたのであろう。「糺ノ森」は黙して語らず、だが...


河合神社はイチョウの落ち葉に彩られる

小川の流れをいただく



賀茂御祖神社(下鴨神社)回廊

賀茂御祖神社(下鴨神社)楼門

下鴨神社鳥居


糺ノ森の紅葉残照


参道の名残の紅葉

古代祭祀「磐座」跡

日が沈む

発掘された祭祀跡


糺ノ森の小川


落ち葉

河合神社
女性に人気の神様

灯篭

干支ごとの神様

女性が絵馬で顔を叩き奉納すると美人になれる?





鴨長明の方丈
長明はこの河合神社の神官の息子だった