ページビューの合計

2010年6月23日水曜日

久米寺の紫陽花

このブログ「時空トラベラー」を始めて、ちょうど一年が経った。

振り返ってみると、第一号が「大阪四天王寺の紫陽花」第二号が「矢田寺の紫陽花」。
6月の梅雨時に「創刊」しただけに紫陽花特集で始まったこの時空トラベル。

この一年、主に奈良のあちこちを歩き回って楽しませてもらった。しかし、この時空トラベル、奥深くてなかなか終点が見えない。3次元、4次元の世界をさまよい歩くが目的地の先に、また新たな謎の路が続いている。
こうして果てしない時空旅、迷宮旅は続く。

一周年特集号は「久米寺の紫陽花」というわけだ。

久米寺は奈良県橿原市、近鉄橿原神宮駅のすぐ横にある寺。
久米の仙人、そう、空中飛行しているとき川で洗濯する美しい娘の白い足を見て、通を失って墜落した、あの普通のオヤジの原点のような仙人で有名な寺だ。

寺自体は、真言宗御室派の寺院でご本尊は薬師如来。創建は聖徳太子の子、来目皇子と言われるが、由来は不明であるらしい。発掘によると奈良時代初期の瓦が出土していることからその時代の創建ではないかと言われている。

しかし、なんと言ってもこの久米仙人の話がユーモラスだし、人間臭くていい。実在のモデルがいたのだろうか。

この話の後日談を知ってる人はどれくらいいるだろう。この仙人、結局還俗してこの娘と愛でたく結婚したそうな。煩悩を解脱するのでなく現世利益を得た訳で、めでたしめでたし。

今は紫陽花とツツジで有名な名所になっている。この日も「あじさい祈祷」で大勢の善男善女、老若男女が押し掛けて、本堂で紫陽花の花が描かれたお札を頂く順番を待っていた。
関西では、人々にとって歴史的な寺院も単なる観光の対象ではなく、祈りという日常の生活の中の一部になっていることをここでも発見することが出来た。人々の顔が朗らかに見える。煩悩を解脱した聖人のそれではなく、久米仙人のようなそれだ。

2010年6月22日火曜日

鎮守の森

 日本の農村の原風景は、広い田圃にこんもりした森。そこには小さな鳥居とお社。
童謡の世界で刷り込まれた日本人の原風景。

「村の鎮守の神様の
今日はめでたい御祭日
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
朝から聞こえる笛太鼓」

 東京と大阪を新幹線で往復する道すがら、車窓を流れる田園風景の中に、こうした「鎮守の森」を発見する。とくに米原と京都の間の近江地方の田園、里山にこのようなこんもりとした森と鳥居を多く見ることが出来る。

 最近は里山の破壊が問題になっている。里山はその昔には、村人の生活に必要な薪や落ち葉、キノコなど自然の恵みを生み出してくれる共有の場所(入会地)であった。しかし、エネルギー源としての薪に頼る時代ではなくなり、その経済的な価値が薄れると、徐々に里山が放置され、荒れ果て、やがては開発の波にのまれて消えてゆく道をたどりつつある。

 しかし、一方このような「鎮守の森」は信仰の場であることもあり、むやみに破壊してはいけない(バチが当たる、祟りがある)という抑制が働くのであろうか。東京や大阪のような都会のビルの谷間にも突然鳥居とお社が残されていることがある。こうして、田舎ヘ行けば行く程、田んぼの中に木立が残されている光景を目にすることが出来る。そこに日本人の信仰が引き継がれ、古代から今日にまで続く土地の人々の信仰と祭りの軌跡がまさに時空を超えて存在し続けていることに感動を覚える。

 ところで「鎮守の森」というのは、Wikiによると、「かつては神社を囲むようにして、必ず存在した森林のことで杜の字をあてることも多い。」と説明している。神社を遠景から見ると、たいていはこんもりとした森があり、その一端に鳥居がある。鳥居から森林の内部に向けて参道があり、突き当たりに境内や本殿が設けられている。森林の中央部が位置するようになっていて、森の深い方に向かって礼拝をする形になっている。鎮守の森は里山と並んで日本の原風景である。

 現在の、神社神道(じんじゃしんとう)の神体(しんたい)は本殿や拝殿などの、注連縄の張られた「社」(やしろ)に鎮座ましましており、それを囲むものが鎮守の森であると理解されているが、本来の神道の源流である古神道(こしんとう)には、神籬(ひもろぎ)・磐座(いわくら)信仰があり、森林や森林に覆われた土地、山岳(霊峰富士など)・巨石や海や河川(岩礁や滝など特徴的な場所)など自然そのものが信仰の対象になっている。

 神社神道の神社も、もともとはこのような神域(しんいき)や、常世(とこよ)と現世(うつしよ)の端境と考えられたエリア、神籬や磐座のある場所に建立されたものがほとんどで、境内に神体としての神木や霊石なども見ることができる。そして古神道そのままに、奈良県の三輪山を信仰する大神神社のように山そのものが御神体、神霊の依り代とされる神社は今日でも各地に見られ、なかには本殿や拝殿さえ存在しない神社もあり、森林やその丘を神体としているものなどがあり、日本の自然崇拝・精霊崇拝でもある古神道の姿を今に伝えている。

 神道は仏教伝来以降の神仏混合や、天皇制による公地公民制の国家樹立の為に伊勢神宮を神の頂点にに位置づける動きや、さらには明治以降の国家神道の考え方に基づく廃仏毀釈、神仏分離、神社統合により、日本の土地に根ざした古神道の姿が見えにくくなってしまった。農耕を中心とした村、クニの守り神としての神道、産土神とか鎮守神とかいった土地に根ざした信仰、あるいは信仰以前の風習が、様々に変容してしまった為に、原始自然崇拝、精霊信仰としての神道がどのようなものであったのかわかりにくくなっている。

 このような神道の基本は縄文時代以来の自然崇拝、精霊崇拝であり、一木一草に神が宿る、八百万の神々といった多神教的な信仰である。そこには宗教的な教義や「教え」を記す書(仏典、聖書、コーランのような)はなく、一神教的なカリスマ指導者(仏陀、キリスト、ムハンマドのような)もいない。このような自然崇拝、精霊信仰は決して珍しくない(ケルト、ネイティブアメリカン等)が、それが形を変えつつも神道という宗教として現代まで続いているのは珍しいという。

 今、世に名高い神社や、由緒正しき官幣社など、明治維新後に格付けされた神社以外に、日本の各地にかろうじて残っている「鎮守の森」を訪ねると、こうした古神道の姿が時空を超えて蘇って来るような気がする。

 下記の写真は奈良県橿原市の本薬師寺跡近くの「鎮守の森」だ。見渡せば畝傍山や遠く金剛、葛城の峰峰、東山中の山並みに囲まれたヤマト国中。田植えを終えたのどかな田園地帯の真ん中に、こんもりとした、しかし小さな木立が残る。「春日神社」の石柱。木立の中には石造りの鳥居と狛犬二体。石灯籠二本。土塀に囲まれた小さなお社の前面に木造の拝殿が立っている。拝殿には奉納された絵馬がいくつか掲げられている。昭和8年建立と記されているから、比較的最近の再建だ。おそらくこの森は古代から守られ残されて来た神域なのだろう。そこに代々の農耕にいそしむ村人が代々、祠や社を建てて村の繁栄と安全と豊作を祈り続けたのだろう。

 農耕の民として自然を敬い畏れる、祖先を敬い、村落共同体の守り神を崇拝する、そのような原始宗教の祈りの場が今に伝えられていることを目の当たりにして、あらためて心が熱くなる。「鎮守の森」こそ、古代へワープする時空トラベルの入口だったのだ。






身近な森の歩き方―鎮守の森探訪ガイド身近な森の歩き方―鎮守の森探訪ガイド
価格:¥ 1,554(税込)
発売日:2003-05


2010年6月19日土曜日

藤原鎌足を巡る明日香の旅(2)多武峰談山神社

今年はまだ談山神社に行っていない。ちょうど一年前の田植え時、桜井からバスで談山神社へ行き、そこから明日香、石舞台まで歩いたことを思い出す。ヤマト国中を見下ろしながらのケモノ道、暗雲たれ込める二上山に大津皇子の怨念を感じ、権謀術数渦巻く飛鳥の地がなんとのどかで平和な里であることか。一番印象的な時空散策であった。

ここ談山神社は多武峰とよばれ、藤原鎌足を祀る神社だが、元々は妙楽寺という寺であった。
明治期の廃仏毀釈の動きなかで、僧侶は還俗、寺は神社となった。

しかし、境内に立ち入るや否やその建物の配置、たたずまいは伝統的な神社のそれではなく、仏教寺院のそれであることが見て取れる。ご神体を祀る本殿や鳥居は後の創建であり、藤原鎌足像を祀る拝殿は、明らかに仏教寺院の本堂。ランドマークの桧皮ぶき十三重塔はまさに仏教のシンボルだ。ご本尊はどこかへ移されてしまったのだろう。
廃仏毀釈という「文化大革命」の痕跡はここ談山神社にも残されている。

談山神社の背後には御破裂山というすごい名前の山がそびえている。
名前が示すように、太古には火山であった。時々天変地異や争乱の前に山が揺れた、と語り継がれた山で、いかにも鎌足ゆかりの多武峰にふさわしいおどろおどろしい山である。

ここは、いわゆる「大化の改新」の談合を行った場所として語り継がれており、中大兄皇子と中臣鎌足が密議をかわした峰が山頂近くに残っている。また、鎌足の墓もある。

この御破裂山に登り頂上の古墳から明日香が一望できる。なるほど、宮廷クーデタを語るには良いロケーションだ。西には二上山が望め、ヤマト国中が手に取るように見渡せる。飛鳥の宮の背後にそそり立つ場所であり、鎌足生誕の地、大原のさとからも近い。この倭国ヤマトという小さな世界の中での歴史的な出来事を思い起こさせるには絶好な舞台設定だ。それにしても箱庭的風景であることよ。

御破裂山を下り、明日香石舞台方面へ、向う。ちょうど田植えの時期で、明日香を見下ろす傾斜地の棚田はどれも水を張って鏡のように美しい。豊かな明日香の山里を彩る花々も美しい。所々で何かを燃やす煙が立ち上っている。
青い山と水を張った棚田のグラデュエーションがまことに美しい。

うまし國ぞ安芸津島ヤマトの国は...

2010年6月14日月曜日

明日香に藤原鎌足の足跡を訪ねる(1)八釣小原の里

 今年の遅い梅雨を目前に、最後の晴れ間を利用して明日香に逍遙す。
いろいろあったが久しぶりにつかの間の時空散策を楽しめるようになった幸せをかみしめながら。

 明日香は田植えのシーズンだ。田んぼに水が張られ、水路には豊かな水が滔々と流れる。美しく豊かな日本の原風景だ。不動産バブルによる乱開発から、景観を守る為に設けられた土地利用、建築の様々な規制は、住む人達に多くの制約と不便を強いているのだろう。また皮肉にも日本がそのような経済合理性優先の時代を通り過ぎて20年。経済の停滞が田舎を守る。明日香は独特の日本の原風景を残し、それが新たな資産となって地域を潤す循環に入っているように思える。

 今回歩いた八釣、大原は明日香のメインストリートから東に外れた山あいの道に点在する静かな里。藤原鎌足にゆかりの土地だ。その藤原鎌足(生前は中臣鎌足)は中大兄皇子を助け、大化の改新を断行した人物として歴史の教科書に名を残している。しかし、その実像にはかなり不明な点が多い。

 伝承によれば、鎌足は東国に派遣された神官と大伴夫人との間にうまれた子。鎌子だとされている。その生誕地は(これにも諸説あるようだが)奈良県高市郡大原、すなわち現在の小原の地(大原の里にある大原神社)だとされている。

 後に奈良時代、平安時代を通じて天皇家に寄り添い、姻戚関係を持って権勢を振るった藤原一族の始祖、とされるがその人物像は不明。彼の子供である藤原不比人が実質上の藤原家の権力基盤を築いた人物で、それを権威づける為に、大化の改新やその中での鎌足の偉業を後世脚色した、という見解もある。

 生誕地である大原の里はいまは静かな山里で小原という地名になっている。ここには鎌足生誕地として大原神社が苔むして存在。すぐ近くには母親の大伴夫人の墓(円墳)がある。そして、その背後には鎌足を祀る談山神社と大化の改新を談合したと言われる御破裂山がそびえる。また、少し南へ下ると大化の改新の舞台となった飛鳥板蓋宮伝承地が。ここからは、かの蘇我氏の館があった甘樫丘が北西に望める。また北に蘇我氏創建の飛鳥寺(法興寺)が見える。

 645年の「大化の改新」の歴史的意義は最近の研究で大きく改めらた。その名も「乙巳(いっし)の変」として宮廷内クーデターの一つとして認識されている。「大化の改新」が天皇を中心とした律令国家の確立のマイルストーンとされた理解は修正され、その政治的国家的大変革にはさらに時間を要し、683年の壬申の乱の終結、天武親政を待たねばならぬことは以前に述べた通りだ。

 こうして見ると藤原鎌足がなぜ、天皇制確立の立役者であった、と後に評価されるようになったのかがよくわからなくなる。先ほど述べたような事情が後の藤原一族にあったのかもしれない。歴史書は後世に書かれるものであるから、時代背景、時の権力者の意向などを斟酌しながら批判的に読み解いてゆかねばならない。

 いずれにせよ、当時の倭国を取り巻く東アジア情勢は緊迫しており、特に朝鮮半島における百済と新羅の攻防は、倭国内を二分する争いになって行った。百済救済のためとして出兵した倭国は朝鮮半島で唐/新羅連合軍に大敗する。斉明大王、中大兄皇子がここ飛鳥の地で、グローバルな視野で情報を収集分析し、新しい国家のビジョンを構想し、それに基づいた国内外の政策決定を行っていたとは考えにくい。この出兵の失敗が何よりもそれを物語っている。

 まして鎌足が、彼の死の床を見舞った天智大王(中大兄皇子)に「私は戦では何の貢献も出来なかった」と語っていることが物語るように、あるいは後世編纂された記紀には白村江の戦いの敗北には一切ふれられていないことが物語るように、この箱庭的ステージでの権力闘争に明け暮れ、そこで培われた世界観では、「倭国」の存在を中華帝国、唐に認識させるだけのパワーはうまれなかった。「日本」へのマイグレーションにはさらに試練を経る必要があった。

 飛鳥は、多くの渡来系の氏族が割拠し、シルクロードの東の終点として、朝鮮や中国を始め、遠くはペルシャやローマ、ギリシャの文化の影響を残す地である。飛鳥の国際性をうたう文献が多いが、なぜかそのようなグローバルなパースペクティブの中に身を置いている実感がなかったのではないか。この飛鳥ののどかで、平和な心地よい囲まれ感を体感すると。日本人のDNAにこの日本の箱庭的な原風景と世界観が刻まれているような気がする。

2010年6月11日金曜日

邪馬台国は九州にあった。そして大和王権に征服された!

最近の巻向遺跡における神殿跡とおぼしき建物の発掘や黒塚古墳からでた三角縁神獣鏡、箸墓古墳の年代測定法により、卑弥呼の時代の造営が確認、などの発表から、邪馬台国は近畿大和地方にあった、とする説が有力視されつつあり、この論争にも決着の時が来たかの感がある。
しかし、この時期に、こうした決着に反論する本が出された。奈良県の生まれで大阪大学国史学科卒業のこてこて関西人研究者の論ずる、邪馬台国九州説に大いに興味を引かれた。

邪馬台国の滅亡=大和王権の征服戦争=(若井敏明著 2010年4月 吉川弘文堂 )が、その本。

邪馬台国と倭国を語る文献としては、中国の史書である三国志の魏志倭人伝、という限られた資料しかない。従ってその読み解き、解釈をいかように試みようとも限りがあること。また考古学的検証は、マクロ的な歴史認識を補強するにはあまりにもミクロ的に過ぎること。点が線や面に繋がっていないこと。これらを著者は意識する。

歴史学者としての著者は、資料としての古事記、日本書紀という日本側の文献の意味を見直すべしと主張する。戦後、学会においては、一斉に皇国史観批判から記紀の歴史書としての意義に懐疑的、慎重な扱いがされて来た。しかし、ただですら少ない文献を活用して、丹念に読み解いてゆくことが必要、と論じ、そこから邪馬台国が北部九州にあったことを論証。さらに大和王権が、その邪馬台国を盟主とする倭国連合を征服して全国統一を果たして行った、という新しい古代史解釈を描き出している。

その論点:
1)邪馬台国は北部九州の倭国連合の国。魏志倭人伝にいう邪馬台国は九州にあった(福岡県山門地方にあったとする)。魏志倭人伝に記されている倭の国々は九州内にあった、とする。
2)倭国は祭祀を行う女王(邪馬台国の女王卑弥呼や壱与)をシンボルとして集合した連合国家群
3)一方、大和王権は奈良盆地に発生した農耕集落の発展系ではなく、北部九州から2世紀ころ東遷した征服王朝が発展したもの(「神武天皇の東征神話」は後世の作り話とは言い切れないとする)。
4)しかし、邪馬台国自体が勢力を拡大して東へ移動したのではなく、群雄割拠していた北部九州の倭国連合から離脱して出て来た国
5)やがて近畿一円、中国、東海、東国を版図として統合した大和王権(征服王朝)が九州へ勢力を伸ばす
6)これが記紀にいう、仲哀天皇、神功皇后の熊襲、三韓征伐伝承の基になる動き
7)但し、九州中部(熊国)、南部(襲国)の征討が先で、最後に北部九州を制圧、すなわち邪馬台国のある倭国連合を征伐するのには手間取った
8)なぜならば当時の倭国は東征する程の力は、もはやなかったが、朝鮮半島、特に新羅との同盟関係があり強大であった。
9)これらの軌跡の確認は記紀の伝承を丹念に読み解くことによって可能。
10)記紀を天皇支配を正当化する為の、後世(天武天皇時代)の創作、とかたずけてしまうことへ反省。全てが史実であるとは言えないが、何らかの史実に基づく地域の伝承を元に創作、編纂されたものとして読み解く。

浅学非才の歴史愛好家に過ぎない私が、いちいち史実の検証をしたり、批判をしたりすることは出来ないが、荒唐無稽ではない面白い考察であると感じた。邪馬台国論争の決着が近いと思われた時期に、再び一石を投じるものとなった事をファンとして喜びたい。

私は九州出身者ではあるが、最近の考古学的発掘成果や、研究者間の論争、いくつかの歴史解説書により、邪馬台国はやはり奈良盆地の三輪山の麓、巻向辺りにあったのだろうと考え始めていただけに、邪馬台国位置論争はまだ結論は出ていないことをあらためて知らされた。

あるいは「邪馬台国」がどこにあったのか?という学者、素人を巻き込んだ江戸時代からの謎解き論争自体が、日本の古代史を分かりにくくして来たのかもしれない。なぜなら邪馬台国がそのまま大和王権、大和朝廷へと繋がり、さらに今日の日本に発展して来た、との推論が疑いのない史実であるかのように語られて来たからだ。

また、この時代の日本が、朝鮮半島や中国という東アジアの動静に深く関わっていることも見逃してはならない。倭国や日本という限られた地域内だけの出来事で判断するのではなく、あるいは「倭人」「日本人」の話ではなく、強く大陸の周辺部という地政学上の位置に属するエリアの歴史であることを忘れてはならない。

2010年6月8日火曜日

難波宮から望む二上山

そろそろ梅雨入りか。今年は6月に入ってもさわやかな天気が続き入梅の気配がなかったが、さすがにそろそろか。
窓から見える二上山、金剛山方面に低い雲が垂れ込めている。

ここの所、東京と大阪の行き来が激しく、時空を超えて大阪と難波、奈良と飛鳥を行き来出来ないのが寂しい。
我が時空旅の出発点、近鉄上本町も阿倍野橋も、とんとご無沙汰だ。

今日も窓から遥か河内平野の彼方に二上山が見える。気になるのはその二上山の手前に(八尾のあたりだろうか)高層マンションが建設中で、やがて二上山の美しい姿を遮る形で完成に向けて着々工事が進んでいることだ。かつて縄文時代後期にはこの上町台地に抱えられるように水をたたえた河内湖であったのが、やがて弥生時代頃から八岐大蛇のような大和川の合間の湿地帯となり、いまや大阪のベッドタウンとして、日本のモノ造りのシンボル、東大阪の中小企業の街として、殷賑を極める地域になったのだから景観の変貌も致し方ないのかもしれないが。

窓から景色を眺めながら、古代の河内の姿を想像力たくましく思い描くしかない。

生駒、葛城、金剛山系の谷間に沿って飛鳥故宮、藤原宮、平城京と河内、難波津を結ぶ古代官道、横大路、竹内街道が走っている。今も第二阪奈道路が走るその横にそびえる二上山。悲劇の皇子、大津皇子の墓がある所だ。ヤマト側から見ても大阪側から見ても、そのツインピークスの山容はまさに関西のランドマークだ。

万葉集でうたわれる二上山はヤマトの地から眺めた、日の没する西に位置する山である。二上山は、弥生の神々にとっては三輪山に日が昇り、二上山に日が没する、東西を軸とした世の終末を表し、仏教伝来後のヤマト世界では西方浄土へのあこがれを表す山だ。入江泰吉氏の「二上山残映」は、まさに夕陽に映える山容を写し取ったものだ。

しかし、こうして難波から東に向って眺望する二上山は、河内平野の向うにそびえる日が昇る山だ。大陸から渡って来た人々、あるいは遣唐使として日本に戻って来た人々にとっては、ここ難波津に降り立ち、はるかシルクロードの東の終点を間近にして、これから向う都を想い一息入れながら眺めた山なのだ。

あるいは、飛鳥の地から難波に遷都し、即位した孝徳大王。斉明大王と中大兄王はその後孝徳大王を難波に置き去りにして飛鳥へ戻ってしまう。この孝徳大王は失意のうちに難波宮から二上山をあおぎながら、遥か山の向うの飛鳥の故宮を恨めしく思ったことだろう。

歴史の風景も異なった位置から眺めてみると、また別の感慨を味わうことが出来る。


R0010382
                                   (難波から二上山を望む)

R1003416_3
                                   (夕暮れの難波宮跡)
R1003430
                                   (上町台地の光芒)