ページビューの合計

2015年1月23日金曜日

旧制浪速高等学校「イ号館」を訪ねる 〜父の青春時代の面影を求めて〜

 私の父は生まれも育ちも大阪天王寺、チャキチャキの(?)浪速っ子であった。以前、私がこのブログを始めるきっかけとなった大阪勤務時代、当時住んでいた天王寺の宿舎の近くに、父が旧制中学生時代まで暮らした住所と番地を確認することができた。しかし、父がその後進学した旧制浪速高等学校(浪高)へも行ってみたいと思いつつ、結局大阪在任中、この浪高のあった豊中待兼山を訪ねることができなかった。今は大阪大学の豊中キャンパスとなっている旧制浪速高等学校跡には、本館である「イ号館」が残っており、大阪大学会館として保存活用されているという話を大阪大学OBの同僚には聞いていた。

 旧制浪速高等学校(浪高)は、1926年(大正15年)に大阪府立の公立7年制校(尋常科4年、本科3年。のちに尋常科は廃止された)として創立された。その後、終戦後の1949年(昭和24年)には学制改革で大阪大学に包含され、翌年に廃校となった。その間、たった24年という短い歴史ではあるが、政官界、財界、学界に戦後の日本を代表するリーダーを多く送り出した旧制高校として知られる。制服はボタンのない「海軍式」で、上からマントを羽織り、かっこよかった、と父も語っていた。学生は、やはり地元出身者が多かったようで、当時、大阪が日本一の経済都市で「大大阪」と呼ばれていた時代に創設された学校だけに、地元財界の御曹司など都会的でスマートな学生が多かった、と言っていた。旧制高校といえば、弊衣破帽に朴歯下駄という「バンカラ」が主流であった時代に、やや異色の旧制高校だったのかもしれない。

 一方、大阪には官立の旧制大阪高等学校(1921年大正10年創立)もあった。やはり戦後の学制改革で廃校となり大阪大学に包含されたが、こちらはキャンパスが引き継がれず消滅してしまった。旧制高校は戦後、新制大学に包含、改組され、旧ナンバースクールは、一高が東京大学に、二高は東北大学に、三高は京都大学に、四高は岡山大学に、五高は熊本大学に、六高は金沢大学に、七高は鹿児島大学に、八高は名古屋大学に、それぞれ包含、改組された。旧帝國大学では九州大学が旧制福岡高等学校を吸収し、大阪大学が旧制浪速高等学校と旧制大阪高等学校を吸収した。ちなみに浪高も一部の教官と蔵書は、府立浪速大学、のちの大阪府立大学に引き継がれた。父もよく大高は官立なのに無くなってしまい、卒業生はかわいそうだ、と言っていた。

 父の浪高時代の青春は、勉学一筋であったようだ。学究肌を地で行くような人で、もともと愛だの恋だの、ナンパな話は聞いたことがなかった。かといって、硬派ぶってバンカラ風を愛するわけでもなく、端然としていたようだ。浪高では弓道部に属し、各地の旧制高校との他流試合に出かけたといっていた。旧制松江高校との試合では、松江高校が駅まで出迎えに来て、黒山の人だかりの駅前で蛮声を張り上げてエールの交換を行い恥ずかしかった、と語っていたくらいだ。また、ご時世で、軍事教練では、分列行進、閲兵の指揮をとらされ「大声を出すのが大変だった」と述懐していた。確かに、父は、成績優秀でひときわ長身で目立つ体躯だったので、選抜されたのだろうが、サーベルで号令かけている父を想像できない。

 このように、父には中学時代から自ら興味のある研究テーマがあり、「その研究のため」という明確な進学理由を持っていたので、あまりそれ以外のことにうつつを抜かす、というようなことはなかったようだ。本人の希望としては、そのためには名古屋の八高へ進学したかったようだ。のちに祖母や父から聞いたエピソードで、浪高理科に合格したのち、大阪駅から八高受験のため名古屋に向かおうとしていた父を、中学の担任の先生が「浪高に行け」と、駅まで連れ戻しに来たそうだ。

 結局浪高に進学したが、そこで父は、後の人生に影響を与える多くの友人を得ている。父自身はその後、東京帝大に進み学界で研究者、教育者として活躍することになるが、その浪高人脈は、学界にとどまらず、財界、政界、官界で活躍する、いわば戦後復興期のリーダーたちのそれである。父の晩年まで各方面に活躍する同窓生との交流があったことを覚えている。この待兼山でのいい意味でのエリート教育と、多彩な人脈がのちの父を育てたといっても過言ではないと思う。羨ましい青春時代を送ったものだ。いや、羨ましいと言わしめるのも、のちの父の壮絶な学究人生を振り返ればこそである。あの時に培われたものが大きかったんだと。


 この度ようやく父の母校、旧制浪速高等学校を訪ねることができた。場所は豊中市の待兼山。父からよく聞かされた地名だ。同窓会誌が「待稜」であったことを覚えている。阪急石橋駅から坂を登り歩くのが正面ルートのようだ。父もそうして通っていたと話していた。ちなみに旧制高校は全寮制が多くて、私の子供の頃まで、旧制高校OBが全国寮歌祭なるものを毎年開催していて、NHKテレビで全国放送されていたのを覚えている。しかし浪高は全寮制ではなく、通学生が多かったそうだ。父も生まれ育った天王寺からこの頃には豊中に引っ越して自宅から通っていた。「孟母三遷の教え」。子供の教育のために引っ越した祖父母の父への愛情が感じられる。

 現大阪大学豊中キャンパスには、浪高本館「イ号館」が修復保存され、大阪大学会館として待兼山にそびえ立っている。ここに立つと、待兼山の名にふさわしく大阪を一望に見渡すことができる。とても風光明媚な地だあることがわかる。「イ号館」の前にはかつて、父が水練に勤しんだという池も半分残っている。弓道場は今も阪大弓道部が使っているとか。なんと緑濃い素晴らしいキャンパスだ。比較的新しく帝国大学(8番目)になった大阪大学にとって、「イ号館」は現在残る唯一の歴史的建造物(2004年登録有形文化財)としてキャンパスにアカデミックな風格を醸し出している。「時空トラベラー」にとってここに立っていること自体が得難い体験だ。

 ところで、今回の私の大阪大学訪問の主目的は、法学研究科での特別講義である。父と違って理系の学究の道を歩んだわけでもない「不肖の息子」が、亡き父の母校を図らずも訪れることができ、そこで、自らの長い会社人生を背景とした講義が出来たことは感無量であった。講義を熱心に聴講してくれた若い学生諸君の澄んだ瞳に父の青春時代の面影を見たような気がした。



旧制浪速高等学校生(理科)の集合写真
青春群像!
「イ号館」横の土手で撮った写真だと思われる

その石段が今も残っていた!
「イ号館」から理科特別教室へ移動する若き日の父(右)
写真の裏に昭和15年4月とある

浪高「イ号館」
父の卒業アルバムから


現在の浪高「イ号館」
修復保存され「大阪大学会館」として豊中キャンパスのランドマークとなっている。

「イ号館」を望む「浪高生の像」


同窓会により寄付された「浪高庭園」
リノベートされているがファサードの原型は残されている
階段は往時のままだという
館内廊下
         エントランス部のレリーフは往時のまま復元
当時の浪高キャンパス配置ジオラマ
エントランスに展示されている

この池には「水練場」があった
手前の石柱は当時池の周りを囲っていた柵の跡だ。

現在は大阪大学豊中キャンパス

法文系キャンパス

法学研究科特別講義
若き阪大生の瞳に父の青春時代の面影を見た



2015年1月19日月曜日

「無鄰菴」庭園散策 〜京都南禅寺界隈別荘群を巡る(1) 〜

 京都東山南禅寺界隈は明治期から昭和にかけての政財界人が建てた別荘が集まる地域としても知られている。對龍山荘、野村碧雲荘、真々庵などの有名なものを始め15邸があると言われている。これらの別荘は、それぞれ東山を借景とした広大な庭園を有しており、また琵琶湖疏水を利用した水の流れを庭作りに生かしていることも特色である。それぞれに伝説的な作庭師が庭作りに腕を振るい、時代の流れとともにその別荘のあるじが変わっても、カリスマ庭師の子孫や弟子たちが、代々庭を守っている。これも伝統工芸そのものだ。京都という町の伝統の奥深さを改めて感じることができる。

 もともとこの辺りは南禅寺の広大な寺域で、多くの塔頭あったところだ。明治初期の廃仏毀釈の動きの中で、これら塔頭の多くが取り壊され、その跡地を緑豊かな別荘地にしたのが始まりだ。また南禅寺境内には、明治維新後に建設されたレンガ造りの琵琶湖疏水の水路閣が、ローマの水道橋風に、一見場違いな風情で連なっている。この空間はまことに不思議な空間だが、今となっては1200年の都らしく、時空を超えて中世と近代が同居する景観となって、すっかり違和感がなくなっている。実はこの疎水が運ぶ琵琶湖の水がこの界隈の別荘群にとって重要な修景エレメントになっている訳だ。

 ただ残念なことに、こうした別荘群のほとんどが一般には非公開である。私的な邸宅であり、企業の迎賓館として所有されたりしている。こうした別荘は時代の流れで所有者が変わってゆく。明治、大正、昭和初期には関西という大きな経済圏を背景に、財界人や、明治政府の元老や政界人が造営、所有してきた。終戦後は、一部進駐軍が接収して将校ハウスに利用され、無残な改造を受けたりした。やがては、日本の復興、経済成長とともに個人所有者から大手企業や宗教団体が所有するようになる。中には何有荘のように、シリコンバレー一の日本通、オラクルの創業者ラリー・エリソンがクリスティーズのオークションで落札し、修景保存工事を行っているところもあるなど、時代を映し出すものとなっている。

 その中にあって、今回訪ねた無鄰菴(むりんあん)は公開されている数少ない別荘の一つである。無鄰菴は明治の元老山県有朋が明治27〜29年(1894〜96年)にかけて造営した別荘である。この山県有朋こそ、荒廃した南禅寺界隈に別荘を営んだ最初の人である。その大半を占める庭園(面積3,135㎡)は第7代小川治兵衛(屋号:植治)の作庭による。やはり東山を借景に、疎水の水を取り入れた池泉回遊式庭園である。母屋は木造二階建ての比較的簡素なもの。建物は、この他に茶室と煉瓦二階建ての洋館を含めた3棟で構成される。

 この洋館は、よく見ると煉瓦建ての頑丈な土蔵のような建物になっている。元老の身辺防備の意味もあったのだろうか?しかし、その二階には江戸時代初期の狩野派による金碧花鳥図で飾られた洋間がある。明治期に流行った和様折衷のインテリアであるが、ここは、日露戦争前、我が国の外交方針を決める、いわゆる「無鄰菴会議」が開かれたところである。明治36年(1903年)4月21日、元老山県有朋、政友会総裁伊藤博文、総理大臣桂太郎、外務大臣小村寿太郎がこの二階に会した。この会議の翌年の2月にはついに日露開戦となり、明治日本が一つの画期ををなすこととなる。この東アジアの新興国は辛くも欧亜にまたがる大国ロシアとの戦いに勝利し、東アジアに帝國版図拡大の一歩を大きく踏み出す。しかし、皮肉にもこの日露戦争での勝利がのちの大日本帝國の崩壊の第一歩だったとも言われる。トップが集まり、新興国日本のその後の運命を決する意思決定を行った。その歴史的の舞台がここ無鄰菴洋館の二階なのだ。


植治作庭の庭園





この洋館の二階で「無鄰菴会議」が開催された

折上格天井に狩野派の金碧花鳥図という
洋間で4トップが会した

広大な敷地を囲む塀
京阪電車HPより引用

2015年1月7日水曜日

LeicaMレンズの最適プラットフォーム SONY α7II登場! 〜それでもLeica Mで撮る意味とは?〜

 謹賀新年。2015年もまたよろしくお願い申し上げます。


 いきなりカメラ談義で今年のブログスタート。

 SONYは最近素晴らしい製品を次々市場に投入してくる。といっても、トリニトロンやウオークマンじゃない。VAIOでもない。そっちの方は最近からっきしダメだ。どうなっちゃったの?あのSONYは... 私が言ってるのはカメラの話だ。SONYじゃなくて旧ミノルタなのかもしれないが、こっちは凄い!

 Eマウントのフルサイズセンサー、ミラーレスカメラα7シリーズに、ボディー手振れ補正機能のついたIIが出た。α7の新シリーズと言ってもいいほどの大改造だ。グリップ部形状が変わり、大きくて握りやすくなった。シャッターボタンの位置も一眼レフに慣れた人には有難い。レンズマウントはややボディー中央部に移動。このバランスがまた良い。ちりめん状のマットブラック塗装で道具としての風格もグッと増した。ボディーサイズは全体に少し大きくなったが、個人的にはこれまでのSONYの軽小短薄路線は、好きでなかったので、むしろ私好みに近ずいて来てくれた。やっとSONYのカメラに私も関心が向くようになった。カメラはしっかりしたホールディングと安定感が必要なので、それなりの大きさと重量感、剛性感がなくてはダメ。軽小短薄ではダメなのだ。

 しかし、何と言ってもα7はライカMマウントレンズを楽しむためのM代替ボディーとして最適なのだ。α7IIにコシナのクローズフォーカスリング付きVM/Eアダプターを装着。これをベースとしてライカMレンズ群をとっかえひっかえ遊ぶことができる。これまでライカMボディーで撮影の度に溜まっていったフラストレーションが雲散霧消するのが小気味良い。特にレジェンド、名レンズNoctiluxのマザーボディーとしては最高だ。この開放f値1、最短撮影距離1mという扱いにくい老眼レンズも、やっと防湿庫の闇から出して使うことができるようになる!

 ライカMと比較したα7IIのメリットは、

1)先ほどのマウントアダプター併用で、近接撮影ができるようになる。このNoctilux 50mmを近接撮影で使えるだけでもOKだ。とろけるようなアウトフォーカス部分のなんとも言えぬ美しさ。これが本家ライカMボディーの、最短撮影距離1mという老眼レンズと距離計連動光学ファインダーという組み合わせでは味わえないのだからフラストレーションが溜まっていた。。

2)マニュアルフォーカスでも、ピント合わせが容易だ。Noctiluxを開放f値で撮る時、Mの光学レンジファインダーでは、ピントあわせが非常に難しい。被写界深度が極端に浅いレンズなので、ファインダーで見ると合っているが、実際の写真では微妙にピントが来ていない。ライカの外付EVFはイマイチの解像感。しかも拡大表示するとますますピントがギザギザで山がつかめない!その点α7IIの方は、内臓EVFの解像度が凄い。ピント拡大表示も容易でクリアー。フォーカスアシスト機能も非常に明快(ライカMのそれは、いったい何なんだろう?)

3)露出補正ダイアルが、軍艦部に鎮座しているのもいい。すぐにアクセスできるということには妙な安心感がある。ライカMはオート撮影を主体に想定していない。ユーザの要望が多いので「妥協した」のだろう。マニュアル撮影(露出絞りとシャッタースピードを合わせて撮る)での撮影を想定しているので、あくまで露出補正はサブなのだ。私のようにオート+露出補正を多用する場合はα7IIの方が良い。

4)そこに、この度α7IIではボディー内手ぶれ補正機能(5軸手振れ補正、要するにどっち方向に動いても補正します、という優れもの)が加わったのだ。SONY純正Eマウントレンズでなくてもマニュアル設定で手振れ補正できる。特に望遠系レンズを装着するときは絶対有利。4段ほどの効果がある。ライカはMもXもTも、何故手振れ補正を取り入れないのか? スナップ撮影を想定したTなんかでも、これから望遠ズームがラインアップされるというのに。あのヤサ男のような薄っぺらいボディーに太くて重い望遠レンズ装着では、バランスが悪く手持ち撮影は無理だ。

5)スイッチオンからの立ち上がりが早く、レスポンスがキビキビ、サクサクしていて気持ちが良い。以前のα7で感じたシャッターのワンテンポディレー感も無くなった。全てにスローでまったりしたライカMの感覚とはかなり違う。

 ほかにも色々優れた機能がてんこ盛りだが(各種フィルター設定や、超解像ズームなど)、それは別にしても、本家よりもライカMレンズの性能を余すところなく味わえる仕様となっているのがなによりも嬉しい。安心感、信頼感があることも心地よい。Noctiluxのような高速レンズこそこのα7IIの標準レンズかもしれない。

 Mほどではないが、道具としての質感も高まった。画質も解像度、歪曲収差、周辺部減光もいいし、ライカMレンズの色味、高解像感をよく再現できるチューニングになっている。安心してMレンズ群を堪能できるようになったと思う。

 さてそうなるとライカMはもういらない?「売っ払おう!」。 いや「待て待て。ライカは売らない。」「何故?」自問自答が始まる。断捨離のできないモノへのコダワリ症の自分だからなのか。「それでもライカMで撮る」ということにはどういう意味があるのだろうと考えてみる。

 ライカMよりはるかに安くて、便利で、しかも高機能なα7IIがあれば、Mはいらない。持ってれば売り払う、というのが合理的考え方だろう。そうする人もいるだろう。しかし、ライカは他のカメラとは異なるカメラなのだ。どこが違う? レンジファインダーカメラは一眼レフカメラと異なり、シャッター押す瞬間まで、フレームの周辺が見える。そこで被写体の動きを予測できる。イマジネーションが沸き立つ。故にライカは作品作りに手放せない道具であると主張する写真家は多い。被写体が人物や、ストリートスナップなどの場合、確かに一眼レフの切り取り画面周辺がブラックアウトしたファインダーよりいいかもしれない。

 だが私にとって、ライカで撮るということには特別の意味があるのだ。確かにレンジファインダーの効用はある表現者にとっては合理的であろう。しかし、厳密のフレーミングが求められる風景写真や動きの激しいスポーツ写真、鉄道写真などには適さないだろう。そういった、技法の合理性や、テクノロジー最適化というロジカルな判断基準では計れない価値があるのだ。ライカは、単なる撮像装置、デジタル写真機ではなく、それを超えた「何か」なのだ。これを「操る」ということが特別な意味を有する「体験」(experience)なのだ。あえて不便さを楽しむ。シンプルだが作りの良い道具を自分流に使いこなす。庭を愛でながら茶室に佇まい、利休好みの黒茶碗で茶を飲む、という体験自体に意味が有るのと同じなのだ。それが「茶道」という「道」であるのと同じく「ライカ道」なのだ。楽しみなのだ。いやアートなのだ。

 ライカユーザの、高い金を払わされてコレか、というちょっとしたガッカリ感から来る負け惜しみじゃないんだ。むしろその不便さを楽しむというのがライカを体験するということなのだ。くどいが、そうなんだ。と、何度も言い聞かせている自分がいる。不思議なカメラだ、ライカってやつは。


 SONYα7IIとNoctilux 50mm f.1の組み合わせ作例をご覧にいれましょうぞ(いずれもJPEG)。

SONYα7II+Noctilux 50mm f.1
クローズドフォーカスリング付きアダプターでなければこれだけ寄れない。
Leica Mボディーでは撮れない画だ。なんと言う皮肉!

SONYα7II+Noctilux 50mm f.1
ライカレンズの見事な立体感が表現できている

SONYα'II+Noctilux 50mm f.1
アウトフォーカスへのなだらかなボケとピント部分のクリアーな写り
SONYα7II+VoigtlaenderVM-E Close Focus Adaptar+Noctilux 50mm f.1
ホールド感、見た目のバランスも良くて最高の組み合わせだ!
これはLeica D-Lux(Type109)で撮影。