ページビューの合計

2011年6月27日月曜日

京の町家 ー「文化遺産」が創造する新しい価値 ー

 京都の町家は毎年2%の割合で消滅しているという(財団法人 京都市景観・まちづくりセンター調査)。今や人口140万の近代的な都会になってしまった京都市は次々と商業ビルやマンションが建ち並び、1000年の都の面影も、そこに息づく人々の生活も消滅の危機に瀕している。

 先の大戦の空襲による破壊からまぬがれて貴重な文化遺産が救われたというのに、平和な時代になって経済的な繁栄を享受する時代に入って、皮肉にも町が破壊されてゆく。

 幸か不幸か,いまや経済の停滞で、少し破壊のスピードが止まったかに見えるが、それでも親から引き継いだこのような不動産や家業を持ちきれなくなっている人は依然として多い。この場合売るに売れず、買い手もいない、家屋は空家のまま荒れるにまかせる,という事になりかねない。

 このように町家に住み続ける上での問題点は
 1)相続税などの税制の不備。
 2)耐震、防火などの観点から現代の建築基準法に適合してない。
 3)町家の補修、新築などの技術が継承されていない。
 4)材木、部材等のの流通システムが不備。
 5)町家に住み続けるライフスタイルが欠如。
 等が上げられている(財団法人 京都市景観・まちづくりセンター)

 いずれにせよ,このような町家、そこでの生活に経済的な価値が認知されてないことが破壊に繋がっているように思われる。もちろん文化的な価値は認識する人が増えているが、それだけでは「文化遺産」は守れない。何らかの経済合理性、サバイバルモデルが必要だ。

 こうした貴重な宝を守れと立ち上がって京町家の保存と活用に取り組みもなされている。大学と提携して学生に研究の場として活用してもらったり、若手のアーティストに安い賃料で貸して、工房やアトリエとして使ってもらったり。もっとも、レストランやカフェやお土産やに改造して、町家の伝統的な佇まいや、そこでの生活を破壊してしまっては何もならない。なんとか町家を町家として住めるように、あるいは伝統的な商売の場として活用できないか? いわば「動態保存」だ。

 そうした活動を展開する人々の中に、中にアレックス・カー氏がいる。彼はアメリカ人で京都の町家を何軒も借り上げ、リノベーションして、国内外のツーリストに泊まってもらう「事業」を始めている。この場合、改造は最小限にして、町家の基本的な構造としつらえとアメニティーはそのままに、京都の伝統的な生活を楽しんでもらうよう工夫を凝らしている。同時に現代の生活にも不便を感じない「近代化」を計って都市生活の快適さをも実現している。例えば、紅ガラ格子と障子窓はそのままに、内側にガラスを張り、静穏性の保持と、空調がきくようにしている。なかなかいいアイデアだ。

 アレックスの考えの基本は、京町家は日本の宝であるのに何故壊す? その使い方によって新しい価値と文化を生み出す,という事に尽きるように見受ける。日本の文化の普遍性に日本人が気付かず,外国人にその価値を認められて初めて気付く,という事は何もこのことに限った話ではない。ここ京都でも住民や日本人からこうしたアイデアが出て来なかったことに無念さを覚えるが、誰のアイデアでも歓迎である。

 もっとも、この事業を運営する「庵」のマネジャーの方に伺うと、いろいろご苦労があるようで、こうした宿泊施設は「ホテル」や「旅館」では無いので、賃貸物件として取り扱われているそうだ。一泊でも賃貸借契約を結ぶ。食事の提供は出来ない、歯ブラシや浴衣は置けない..などの「規制」が存在していると言う。法律が想定する形態ではない、というわけだ。

 奈良の今井町のようにそこに住む人々の生活が連綿と続いている場合は別として(もちろんそこにも過疎化や、高齢化の問題が存在していることは看過し得ないが),京都のような都市化したエリアでの伝統的な生活の維持にはなかなか難しいハードルがある。と同時にこのような地の利を生かした利用形態もありそうだ。

 古い文化遺産に何らかの新しい価値付けをしなくてはならないだろう。建築家やアーバンプランナーの出番だ。また、そのような建物や町の佇まい,暮らしが有する伝統的価値を再定義し、それを都市の付加価値(tangible value)に変える、あたらしい「事業モデル」を創出することが必要だ。ここは文化的素養とビジョンを持った企業家の出番だ。税金とボランティアで負担する「保存」費用分の捻出で、「静態保存」するだけでは限度がある。かといって、商業主義に身をゆだねる訳にもいかない。知恵の出しどころだ。これこそ、古い価値を新しい価値創造に用いるイノベーションだ。そしてお金が回る仕組みを作り、一過性の「懐古趣味」に留めないビジネスモデルイノベーションだ。それが新しいライフスタイルとして定着して行けば,伝統がさらに次の伝統へと継承されて行くだろう。

2011年6月19日日曜日

大阪駅物語 ーカオス梅田の進化ー

 今年の5月に梅田の大阪駅がリニューアルオープンした。連日すごい人出で、久しぶりに大阪も大都会になった感じがする。こういうと大阪人は怒るが。これで東京並みの人出の町となった。

 大阪の町は江戸時代の町衆の北組、南組の区分、また御堂筋の北御堂、南御堂のように、南と北、いや、「ミナミ」と「キタ」に大別出来る。キタの中心はなんと言っても梅田。これがまたややこしい。大阪駅前と言わずに「梅田」という。ちなみにミナミの中心は難波。こちらも南海,近鉄,地下鉄御堂筋線、少し離れてJRが集まっている。
 キタは阪急電車のターミナル駅も「梅田」。阪神電鉄のターミナル駅も「梅田」。地下鉄御堂筋線も「梅田」。唯一JRだけが旧国鉄時代から駅名は「大阪」。地元では「梅田」と言えば大阪駅周辺のことだ。

 その「大阪駅」が大きくリニューアルされて大阪の新名所になった訳だ。元来大阪は、大坂城を始めとして、世間の人をビックリさせる建造物を造って自慢する傾向があるが、この新「大阪駅」ビル、いやいや、Osaka Station Cityは、その大阪の歴史上もアッと驚く建造物の筆頭に数えることが出来るだろう。駅が南北の大型デパートに挟まれサンドイッチ状態なのはまだしも、プラットフォームの屋根の上にさらに巨大な屋根をかぶせる、という、「屋上屋を重ねる」をやってしまっている。その割には電車待ちでホームに立っていると雨の日はしぶきが降りかかる、という苦情が絶えないなど、「どないなってんねん?」度も満点だ。

 まだまだこの辺りの再開発は終わって無い。大阪駅の北側にあった(今も少し残るが)旧国鉄の北ヤードの再開発が着々と進んでいる。ワールドカップ誘致の目玉に、ここにデッカいサッカースタジアム建設するプランが発表され度肝を抜いたのは記憶に新しい。幸か不幸かワールドカップの日本誘致は失敗に終わり,この計画もウヤムヤになったが、成功してたらどうなってたんだろう。建設資金の当ては無い計画だったのだから... そんなことは横に置いて、ビル群はドンドン建設ラッシュ。ここに大阪一の新たなオフィス街が登場する。しかし、誰が入るねん... このご時世。

 そもそも梅田はJR大阪駅の脇腹に突き刺さるように阪急が駅やデパートやショッピングモールを張り出している。、阪神デパートは駅前に堂々と店を構えて,一種独立峰を為しており、その地下が阪神電車の駅となっている。しかしそこへ,地下鉄御堂筋線、谷町線、四つ橋線がテンデに「梅田」「東梅田」「西梅田」駅を開設しそれぞれと大阪駅、阪急、阪神各線へのを乗り換えの利便の為に地下街で結んだ。その結果としての地下街の迷路ぶりが悪名高いが、これで地上というか、空中と言うか、全ての次元で迷路状態になった訳だ。全く人の動線を考慮に入れた造りとなってない。

 子供の頃、梅田の地下街の迷路ぶりを経験してショートSF小説を書いたことがある。我ながら良く出来た話だ、と自画自賛していたが、学校での夏休みの宿題作品展では全く評価されなくて悔しかった覚えがある。話は単純。梅田の地下街の雑踏を歩き回っているうちに迷い、ふと気がつくと東京の八重洲の地下街にいた,というもの。時空を超えた,と言いたかった... ダメかな?

 話は戻る。駅はシンプルであるべきなのだが、無理矢理集中させて,人が集まるのでそこに、商業施設を創ったり、こちゃこちゃした細工、小道具、仕掛けが多すぎて、スッと電車に行き着かない。エキナカがデパ地下になってしまっている。表から北側のヨドバシカメラにいけないことが最近苦情となっているようだが、そんなことだけに留まりそうもない。何処を歩いてるのか分からなくなる。行き止まりが意外に多い。大丸、三越伊勢丹、何タラ言うファッションビル、やたらに人を集めているが,それぞれどう違うのかよくわからん。人間の欲望と見栄と公共建築とが渾然とするとこのようなカオスがうまれるのだろう。

 そんな中で右往左往してる人を見てるのが面白い。都会のフロアーの模様の上をまるでマスゲームをさせられるように行き交う人々。一列に並ばされたり、ランダムに行き来させられたり。天井に吸い込まれたり。「時空の広場」はワンダーランドだ。ふとホームを見下ろすといつもの電車待ち行列に並ぶ乗客をを「上から目線」で楽しむことが出来る(大阪のホームでも並ぶようになったのは格段の進歩だが)。部分部分を見ると楽しく美しく都会的だが,全体最適のプロデュースが出来てない。今の日本の状況の縮図のような駅の中で、人々は「大阪も変わったやろ」「めっちゃおもしろいわあ」「ごっついなあ」などといいながら出口の無い回遊を楽しんでいる。

 近鉄大阪上本町駅の隣に出来た上本町Yufuraでの写真がおまけでついてます。こちらのキーワードは「自転車」。駅前の放置自転車の数がハンパでない...のはともかく。駅コンコースをママチャリが走り抜ける町... 「自転車での通り抜けお断り」という張り紙をこのようなターミナル駅で初めて見た。

2011年6月16日木曜日

室生の郷 滝谷菖蒲園

 梅雨時の大和路の花と言えば紫陽花と菖蒲。紫陽花は矢田寺や久米寺が有名だが、梅雨時はどこへ行っても紫陽花はきれいでいい。ここ室生の郷にある「花の郷」滝谷菖蒲園は様々な花が季節毎に眼を楽しませてくれる,まさに桃源郷のような静かな花園だ。今回は残念ながら,紫陽花にはチと時期が早くて、あまり咲いてない。そのかわり菖蒲と睡蓮が盛りだ。クレマチスも珍しい種類の花がまだ咲いている。

 滝谷菖蒲園は近鉄大阪線三本松駅からバスで8分程、歩いても20分程の室生の郷の谷あいに位置している。ここはかつては女人高野室生寺への参詣道の途中であり、伊勢街道、榛原宿から室生寺へ向う人々が通った道だ。今はハイキングコースとしても人気がある所のようで、いたるところに道標が整備されている。

 しかし,山と谷が織り為し,人気のない所である。集落も見当たらず、道の駅の新しい建物が妙に辺りの風景にそぐわない感じであることを除くと、誠に鄙びた地域である。やたらに菖蒲園の看板が道路沿いに立ち並んでいるが、このような所に商業的な意味で成功する施設を創ることは難しいに違いない。よくこんな美しく花に満ちあふれた花園を創ったものだ。作り手の花への愛着と、この地への強い思い入れを感じずにはおれない。

 この時期、近鉄三本松駅から菖蒲園行きの臨時バスが一時間に2本出ていて、車でない人には便利。行きも帰りも乗客は私を含めて2人というのんびりムード。あいにくの雨だが、山肌がぬれ、新緑がしっとりと美しい。山頂は室生路独特の煙霧に覆われて,龍穴神社の龍神様が里山に雨をもたらしてくれている。狭い谷あいの道をガタゴトと進むこと8分で菖蒲園に到着する。

 ここでは非常に多くの種類の菖蒲を楽しむことが出来る。同時に販売もしており、販売コーナーに植わっている菖蒲をそのまま分けてくれる。売り手もアルバイトの女の子のようなドシロウトではなく、オジさんオバさんが、菖蒲の育て方、楽しみ方を丁寧に教えてくれる。商売でやっている,というよりも、好きでやっている,という感じがして、それがいい。しゃべり出すとチと話が長過ぎるが、ホントに好きなんだなあ...

 スライドショーをご覧あれ。

2011年6月7日火曜日

Voigtlander Nokton 25mm f0.95という画期 ー不思議が写るレンズー

 往年の名玉フォクトレンダーのノクトン。コシナからマイクロフォーサースフォーマット用に新たなノクトン25mm(35mm換算で50mm)が限定生産で市場に出された。

 なんと開放F値が0.95。ライカのノクチルクスf1よりもわずかに明るい。フィルム感度が上げられない昔は、カメラメーカ各社は明るい開放F値のレンズ(いわゆる高速レンズ)の開発にしのぎを削った。オリジナルのフォクトレンダーのノクトンは1.5だった。アベーラブルライトでの撮影を標榜するライカがノクチルクス0.95を出して世の中をビックリさせた。キャノンやズノーもf1や0.95を出して日本の意地を示した。そこまでではなくてもf2なら普通、f1.8でまあまあ。f1.4は高級レンズ、ニコンのf1.2は高嶺の花、と標準レンズのグレードに関係する数字でもあったのは事実だ。

 いまやデジタル時代で撮像センサー感度も上がり、しかも800,1600以上の高感度でもノイズの少ない画質を保証出来るようになった現在、あまり高速レンズのニーズは少なくなり、しかもズームレンズ全盛でせいぜい2や2.8なら明るい方になってしまっている。

 しかし、いや、こんなときだからこそ、単焦点レンズでF値が明るいレンズで撮ってみたい、という衝動に駆られる。ここの所にニコンも矢継ぎ早にデジタル一眼レフ用のニッコール50mmf1.4、f1.8を出して来ている。やはり単焦点レンズの歪曲収差の少なさ、ボケ味の美しさが再びマニアにもてはやされている訳だ。

 一方、CCDやCMOSセンサーのサイズが通常の35mmフルサイズセンサーに比べると小さい、ASP-Cやマイクロフォーサーズ、さらにはコンデジの1/2、1/1.7サイズでは、美しいボケ(英語でもBokehという!)があまり期待出来ない。そこでこのノクトン25mmf0.95みたいな、マイクロフォーサーズでも美しいボケが楽しめるレンズの登場が歓迎されることとなる。

 このレンズは25mmだから35mm換算で50mmの標準レンズだが、最短撮影距離はなんと0.17(17cm)。ここまで寄れる標準レンズは稀だ。ノクチルクスなど1mという遠視(老眼?!)だ。したがってかなりの近接マクロ撮影が可能となる。しかも、この開放F値0.95と近接撮影距離0.17の組み合わせで、今まででは考えられない思いがけない画像表現が可能となっている(とにかく下の写真を見て下さい)。

 道具としてのレンズ鏡胴の造りもソリッドで秀逸。ずっしりした真鍮素材に黒鏡胴。ローレットの刻みもエッジが立っていて心地よい。回転トルクが適度にあって,しかも滑らか。絞りリングのクリック感も素晴らしい。絞りバネは10枚で正円に近い。これがボケの美しさを生み出している。なんと言っても外見での一番の魅力は大きな瞳。この瞳に見つめられるとイチコロ。これに付属の金属製の大型フードが付いてくる。

 なんともマニアックなレンズだこと。遊べる。




(夜間室内照明下、開放で撮影。アウトフォーカス部分のとろけるようなボケ...)




(昼間室内照明下、開放で撮影。なぞなぞ1:これはなんでしょう?金塊ではありません。)




(昼間室内照明下、開放で撮影。なぞなぞ2:これはなに? これはわかるね。)




(昼間晴天時屋外、絞り2.8で撮影。昼間は開放にするとシャッター速度がついて行かない...)

なぞなぞの答え:1はクチャクチャにしたチョコレートの包み紙。2は机の上のボールペンとポストイット。 以上、わかりましたかな?

2011年6月5日日曜日

大阪中之島公園バラ園

 堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島公園。明治24年(1891年)に大阪市に初めて建設された公園である。中之島自体は西はロイヤルホテルや大阪大学医学部趾があるビジネス街。淀屋橋界隈は大阪市役所、大阪府立図書館、中之島公会堂、東洋陶磁器美術館。そして、難波橋から天満橋方面には中之島バラ園が広がっている。天神橋が渡る辺りは公園の先端に噴水もあり、パリのシテ島にも比肩しうる風景となっている。

 ここは水の都大阪の都心のオアシスだ。難波橋から階段を下るとそこはバラ園。天神橋から天満橋を望む中洲の先端部まで都心にしては広々としたバラ園と芝生広場が広がっている。バラは珍しい種類のものも数多く咲いている。

 今日は梅雨の合間の晴れ。大勢の人がこのお天気とバラに誘われて集まって来ている。皆一様の携帯カメラで写真撮っている。私は携帯カメラはカメラと認めてないが、こうして皆が「カメラ」を日常的に持ち歩いて、ふとした風景や、心に留まったアイテムをカシャリと撮る。撮りたいと思った時に何時もカメラを持っているということが大事だが、結構傑作が沢山撮れていることだろう。携帯カメラ普及も悪いことではない。

 ともあれ咲き乱れる美しいバラの花々をご覧あれ。

2011年6月3日金曜日

大阪城京橋口 〜つわものどもの夢のあと〜

 大阪城公園の東北にそびえ立つOBP (Osaka Business Park)のビル群、大阪の新しいビジネス拠点として住友、パナソニックなどの地元企業が中心となって再開発した新都心は、かつては幾多の戦いの場であった。

 大和川,寝屋川、猫間川などの合流する中洲地帯であったこの一帯は、弁天島とよばれ、古くは石山本願寺攻略戦や大坂の陣の古戦場であった。淀どのの遺体を埋葬した祠があるとされている。江戸期には大坂城代の京橋屋敷がおかれ、さらに時代が下り、明治維新後は,ここには大阪造兵工廠が設けらる。1945年8月15日のアメリカ軍の猛爆撃で壊滅するまで東洋一の兵器工場として有名であった。

 私が子供の頃(小学校低学年ころ)、祖父母のうちに遊びにくるときは、大阪駅から鶴橋まで環状線で移動し、そこから近鉄で奈良のあやめ池まで行くのだが、京橋駅周辺、森ノ宮駅周辺には広大な工場の残骸が広がっていたのを記憶している。戦後の再開発はなかなか進まなかったようで、終戦から15年経った1960年時点でも、大阪の街の中に広大な廃墟が横たわっているような状況だった。

 戦前の大阪は日本一の商業都市であり大大阪の繁栄を享受していたが、同時に「東洋のマンチェスター」と称せられる程の工業都市でもあった。街中にも様々な工場があって、当時の絵はがきや名所地図を見ると煙突マークがいたるところに見受けられる。江戸時代にさかのぼると住友家の銅の製錬所が島之内にあったくらいだ。

 そして、この大阪造兵工廠がその最たるものであった。しかし、考えてみると当時は大阪の街のど真ん中にこのような巨大な兵器工場が存在していたなど驚きだ。大阪城そのものがもともと要塞として構築されたことは知っているが、明治以降は城内に大阪鎮台、のちに帝国陸軍第四師団司令部が設けられ(今でも中世欧州の城風の建物が残っている)、その周辺にこのような砲兵工廠や化学工廠、被服工廠などの軍関係の工場が取り巻き、まるで軍事要塞の様相を呈していた。大阪は軍都でもあったのだ。

 ようやくこのような廃墟が整理され再開発が進んだのは1970年代に入ってからのこと。現在は高層のオフィスビルの他、いずみホール、ホテルオークラ、大阪城ホールが建ち並び、公園も整備されて市民の憩いの場にもなっている。環状線にも「大阪城公園」駅が新設された。森ノ宮駅にはJRの電車区が設けられている。

 ちなみに大坂城京橋口には太閤秀吉の時代には、壮麗な漆塗り屋根付きの京橋御門が架けられていたらしい。これは、当時太閤秀吉が大坂城の北東、すなわち京への玄関口に、天皇の行幸を迎える為の橋を架けさせたものだという。そのような壮麗な橋は現存していないが、確かにこの辺りは大川、淀川の通じて京への玄関口であった。

 さらに幕末の時代、戊辰戦争に敗北した幕府軍の総帥徳川慶喜が密かに大坂城を脱出したのもこの京橋門だと言われている。大川に出て八軒家浜から船にのり江戸へ逃げ帰った。

 このように多くの戦にまつわる土地だが、いま、OBPの高層ビルの最上階から展望すると、大阪の街は美しい。深い緑に包まれた大阪城を眼下に見て、大川にかけられた天満橋、天神橋、難波橋を望むことができる。大阪が「水の都」と称せられる訳がよくわかる。特に夜景が美しく、天神橋のライトアップされた二重橋はまるでパリのシテ島に架かる橋のようだし、洲の先端から30分ごとに吹き出す噴水すら見える。西側には堂島、中之島辺りのオフィス街の夜景が広がっている。かつての様な大大阪の繁栄は無くなってしまったが、平和で近代的な街に生まれ変わった。




(新緑美しい大阪城公園。その南側から天守閣とOBP(Osaka Business Park)を望む)




(OBPツインタワービルの最上階から大阪城公園を見下ろすことが出来る。京橋門が見える)




(夕闇迫る大阪城天守閣。城の南側にはNTT西日本本社やNHK大阪放送局、大阪歴史博物館が見える。さらに向うに通天閣がライトアップされているのが見える)



(西に眼を転ずると堂島、中之島辺りの大阪のビジネスの中心街を見渡すことが出来る。平和で美しい都会の夜景だ)




(こうして見るとこの辺りが、かつてはいくつもの川に囲まれた水運の重要拠点であったことがわかる)






(水の都大阪。ライトアップされた天満橋、天神橋が美しい。特に天神橋と中洲の光景はパリのシテ島の風景を彷彿とさせる)