ページビューの合計

2011年9月26日月曜日

Ricoh GXR Mount A12 ーライカレンズ資産活用プラットフォーム登場ー

 予約入れてたGXRのMマウントアダプターをついにゲット。すなわちリコーGXRでライカMマウントレンズが使える待望の製品だ。APS-Cサイズの1230万画素CMOSセンサーを搭載しており、レンズ焦点距離の1.5倍となる。コンデジクラスのコンパクトなボディーで名レンズを堪能出来る。縦走りフォーカルプレーンシャッターと静音電子シャッターの両方が搭載されており、最速1/8000秒の電子高速シャッターも利用出来る。撮影シチュエーションにより選択出来る事もユニークだ。

 当然,往年のクラシックレンズや、銘玉、クセ玉を装着して楽しむ事も出来る。この時気になる周辺光量不足や歪曲収差を補正する機能もついている。もちろん,クセ玉を補正せずにそのまま使ったり、さらに周辺光量を落として個性的な作画を試みる事も出来る。クラシックレンズが現代のデジタル技術とマッチングして新しい表現方法を手に入れることが出来た訳だ。

 また、ライカM8、9同様、ローパスフィルターがないのでとてもクリアーでキレの良い画像が得られるのがうれしい。手振れ防止は当然ボディー側に。ライカMにはない細かいセッティングも可能だ。なによりライカレンズの像をライブビューで見れる事自体に感動する。液晶モニターの解像度もM8、9のそれよりもはるかに高く、よりクリアーな画像を確認しながら撮影出来る事でワクワク感も高まる。

 ベストマッチングはやはり広角系レンズか。21mmスーパーアンギュロンも後玉の出っ張りにも関わらず装着可能で全ての機能が動作可能。Mボディーでは装着出来ても測光不可だった。特にTri-Elmar-M 16-18-21が出番を得たという感じだ。これでブラパチ試写した銀座の写真。こういうノーファインダーでのキャンデットフォトに最適。軽量で手に収まるサイズで、ライカのような気負いを持たなくても気楽に撮れる。

 マニュアルフォーカスをアシストする機能がついている。拡大表示だけではなく、フォーカス部分をハイライト表示する事によってピントを知らせる。広角系レンズの場合はチョット分かりにくいが,標準、中望遠の場合はピントの合う範囲まで確認出来便利だ。

 レンジファインダーがついていると,逆説的だが、いちいちファインダーを覗かなくては、という強迫観念にとらわれてしまう。かといって、ライカMボディーについている標準のファインダーでは28mmがせいぜい。Tri-Elmar付属のファインダーはまるでカメラの上にもう一つカメラ載っけたみたいな形相となり、およそ軽快なスナップシュータとはほど遠いカメラになってしまう。

 GXRももちろん、オプションのEVFをアクセサリーシューに装着して,ファインダーでの撮影も可能だ。新しい撮影スタイルをとれる事が新鮮だ。例えば、ノーファインダー撮影で、時々液晶ライブビューでフレーミングしながら何枚も取るスタイルが心地よい。

 とうことで遂にライカレンズの出番が多くなったぞ。やっぱりM8、9のオールドスタイルのレンジファインダーボディーにこだわった撮影スタイルもいいが、しょぼい液晶モニター(画素数が粗い、遅い、ライブビューができない)や、トラブルの多いSDカードとのマッチング等等、まだまだ解決すべき課題が多いライカMデジタル。高価なプライスに見合った性能なのか疑問を禁じ得ないが、ライカファンはこんな事くらいで文句は言わないのだろう。しかし,このリコーGXRのようなカメラが出てくると,もう少しなんとか出来るんじゃないの?と言いたくなる。

 ライカはカメラの王様だが、どうしても「あの王様は裸だ!」と思わず叫んでしまった童話の子供の気持ちが分かるように気もする。。ライカよ,謙虚にシロウトの意見に耳を傾けよ。




 ライカズミクロン35ミリを装着した姿。最もコンパクトで取り回しの良い組み合わせだ。これで約52ミリの標準レンズ画角が得られる。




 トリ・エルマーの16ミリで撮影。24ミリの画角となる。ちなみに、この写真はレンズのディストーションが出てるんではなくて,このビルの在りのままの姿。これくらいの広角になると被写界深度が深く,ノーファインダーでほぼパンフォーカスで撮れる。


2011年9月25日日曜日

友泉亭探訪 ー「城下町」福岡に大名文化は残っているか?ー

 筑前福岡は、関ヶ原以降に豊前中津から筑前国主として入府した黒田長政が開いた城下町だ。筑前藩52万石という外様の大藩の藩府だ。しかし、発展著しい現代の福岡市を尋ねて、福岡が城下町であったというイメージが希薄なのは何故だろう?黒田官兵衛(如水)の軍師としての活躍や、その忠臣、母里太兵衛がモデルとなっていると言われる「酒は飲め飲め...」の黒田節(黒田武士)を聴いて「ああそうだよね,黒田は福岡だよね」という事になるが... 町を歩いてみると,他の城下町と比べて福岡には城下町の痕跡があまり残っていないような気がする。もちろん舞鶴城は如水(官兵衛),長政父子が築いた名城であるが、平城で熊本城のような壮麗さはない。極めて実用的な合理性重視の縄張りだ。城下町は城の北の博多湾に面した細長い狭い土地に形成されていて、山城中心に城下町が四方八方に広がる他都市とも異なる。。金沢の兼六園や、岡山の後楽園、高松の栗林公園、熊本の水前寺公園,鹿児島の嚴仙園、水戸の偕楽園といった、名園といわれ今日まで残る大名庭園もない。高取焼のような藩用窯はあるが、隣の肥前鍋島藩の藩用窯ほどの規模ではない。金沢の能などの芸能、金箔などの工芸、松江の茶道のような文化の痕跡も薄い。博多織、博多人形はお隣さんの博多のもの。祇園山笠、どんたく、松囃子などのお祭りもお隣さんのもの。

 黒田の殿様は歴代どのような殿様だったのか。豊臣秀吉の名軍師黒田官兵衛(如水)、関ヶ原で東軍に勝利をもたらした、その子長政。この藩祖父子の軍師、知将のイメージから、質素堅実を旨とし、あまり文化芸能にうつつ抜かす家系の匂いはしない。しかし、かといってただ無骨なイメージもない。江戸期の長く続いた天下太平の時代には何をしていたんだろう。加賀前田の殿様のように武力に金を使わず文化芸能に金を使い徳川幕府への忠誠心の証にしていた,という風でもない。薩摩島津の殿様のように密かに琉球を通じて海外の文物を取り入れ、国力を蓄えていた様子もない。

 隣の博多が商人の街としての長い歴史と文化を継承しているのに比べ、城下町福岡は関ヶ原以降に建設された新興都市で、祭りも芸能も、工芸も食文化も,博多の商人文化に飲み込まれているような気がする。他藩のような壮麗なお城や有名な大名庭園もないので、今となっては城下町としての観光資源にも乏しいということになる。金沢や熊本や松江を見て,そのように感じていた所、福岡市が黒田家ゆかりの友泉亭趾を公園として整備し市民に公開している、という話を聞いた。こりゃ是非行ってみよう,という事で出かけた。

 友泉亭。懐かしいその「地名」に、まず反応した。私が小学校5年生から高校3年生まで過ごした福岡市別府。その南、樋井川を隔てた田島に友泉亭という所があった。油山を望み、樋井川に面したのどかな半分住宅地、半分農地といったエリアだった。実は黒田家の別邸があった所であり,その名称「友泉亭」が「地名」として残ってきた事を今頃になって知った。

 その友泉亭は黒田家六代藩主継高公が宝暦四年(1754年江戸時代中期)に、この樋井川東岸の田島村にもうけた別邸であった。当時の敷地は現在の友泉亭公園の敷地の約10倍を有する広大なものであったようで、樋井川東岸の別邸に続く道路は、領民の通行が禁止されていたと言う。しかし屋敷は、割に質素で実用的な建物が池畔に並んでいくつか建っていたようで、豪壮な大名御殿を想像するとがっかりするようなものだったらしい。

 この友泉亭趾は、その後の歴史の流れの中で様々に変遷し、明治維新後は一時小学校になったり、樋井川村役場になったりしている。その後は荒廃の危機に瀕していたが、筑豊炭坑御三家(貝島、麻生、安川)の一つ貝島炭坑の創業者貝島太助翁の息子健次郎氏が敷地を買い取り,ここに邸宅を建てた。今残っている邸宅と庭園はその貝島邸の遺構をもとに昭和56年に福岡市が公園として再整備したものだ。

 敷地には池泉廻遊式庭園が整備されており見事。一見の価値有りだ。四季折々の花や樹木が広い敷地に適度な密度で配されており心地よい。池に面した書院造りの大広間でいただく抹茶は美味しい。東京の黒田家から寄贈され、移設された庭園池畔の根府川石の一枚岩が豪壮だ。室内には筑前福岡出身で、中央政府で活躍した官僚、政治家である、金子堅太郎、広田弘毅が揮毫した「友泉亭」の額も残っている。庭園内には茶室如水庵がしつらえられているが,これは昭和56年公園として開園時に建てられたものだそうだ。由緒を感じる素晴らしい邸宅と庭園である。しかし、此れ等はいずれも貝島家によって整備されたもので、残念ながら黒田家友泉亭を彷彿とさせる遺構らしいものはほとんど見当たらない。

 福岡の都市景観の中で、黒田家ゆかりの藩主邸宅や武家屋敷よりも、炭坑王の残した「御殿」の方が有名なのは、明治期以降の福岡という街の成り立ちを示しているような気がして面白い。この友泉亭公園も先述の通り、貝島別邸が原型となっている。かの有名な筑豊の伊藤伝右衛門邸は大名屋敷よりも立派な門構えを持ち、飯塚に現存している。再婚離婚劇で名を馳せた妻、柳原白蓮の為に、福岡天神町に建てた伊藤別邸(通称あかがね御殿)も武家屋敷を圧倒する構えであったそうだ。そういえば、天神町から大名町、赤坂門にかけての旧電車通り沿いに延々と続く築地塀のお屋敷街があったのを記憶している。いまはその気配すら残っていないが。現在も高級住宅街とされる福岡の山の手、薬院、高宮、浄水通辺りのお屋敷街も元の住人はたいがい炭坑主であった。その炭坑も高度成長期に入ると廃れ、石炭御殿も次々取り壊されて消滅... マンション街になってしまった。時の流れを感じずにはいられない。

 このように城下町の武家屋敷的景観は炭坑主達によってある時期まで継承され,石炭産業の衰退、炭坑の閉山とともに消滅して行ったと言っても良い。福岡はこうして城下町としての景観や佇まいを失ってきた。黒田家が戦前まで福岡に有していたと言う浜の町別邸も戦災に遭い、福岡城の武具櫓を移設したという豪壮な邸宅とともに様々な家伝来の文物、品々が焼失したそうだが、いくつかは福岡市博物館に収蔵展示されている。しかし福岡という街全体を見渡すと、「城下町」「大名文化」の痕跡はあまり残っていない。敢えて探すと、藩校東学問所「修猷館」が現在も九州を代表する名門県立高校としてその歴史と伝統を継承している事だろうか。

 友泉亭公園は、福岡市の城下町としての福岡復活プロジェクト(そのようなものがあるのかどうか知らないが)の一環なのだろう。その試みは舞鶴城内の病院、裁判所、平和台球場の転居移転。城跡公園としての再整備。大濠公園の能楽堂、日本庭園などの建設(これも立派な庭園だが、歴史的な由緒はなく、全く新規に企画設計された現代の庭園だ)と連動するものなのだろう。その努力は多とするが、何とも武家文化、城下町文化の残存率が低過ぎるのがいかんともしがたい。一方で舞鶴城に創建当時あったとされる「幻の天守閣」再建、などという構想もあるそうだが、あまり大きな市民レベルの運動にはなっていないようだ。藩祖黒田孝高(官兵衛/如水)長政父子、その家臣団で勇名を馳せた母里太兵衛、栗山善助、井上九郎右衛門、後藤又兵衛の黒田二十四騎などが、筑前入府時期に名を残した割には、城下町としての福岡のプロファイルはあまり高いものとはいえず、最後は、明治維新に乗り遅れてしまうなど「悲劇の城下町」なのかもしれない。



 

2011年9月19日月曜日

Ginza. Center of Universe

 バブル崩壊、GDP世界3位に後退、右肩下がり、震災、放射能汚染、電力不足、企業の海外脱出、政治の漂流、就職難民、草食系男子... 元気のないニッポン。もう日本は終わりか?

 そんなときは銀座に行こう! ここは世界の中心、宇宙の中心。世界中探しても、いや宇宙中探しても,こんなにキラビやかで、クリーンで、時代の最先端を行く街はない。東洋の伝統と西洋のモダニズムと日本独特の美学とが共存する街。夜と昼とで違う顔...

 ニューヨーク、ロンドン、パリ、ローマ、みんな素敵な街だ。上海、香港、シンガポール、中華文化圏も負けてない。しかし、この東京の広大な都市域と人口集中度合いと、その割にクリーンな街、効率的な交通システムによるスムースな移動。多少ごちゃごちゃしてるが近代的な町並み、カオスが進化してカオスを脱している。まさに奇跡だ。銀座はそのシンボル。

 そう,リフレームしてみよう。少し視点とアングルを変えて見てごらんなさい。新しい未来の姿が見えてくるぞ、日本と日本人の...



2011年9月15日木曜日

芦屋 旧山邑邸(現ヨドコウ迎賓館) ーフランク・ロイド・ライトの贈り物ー

 阪神間は関西の住宅地として昔から人気があるエリアである。特に西宮7園(甲陽園、苦楽園、甲風園、甲東園、昭和園、香櫨園、甲子園)と呼ばれる地域や、六麓荘、奥池に代表される芦屋は昔から関西の高級住宅地として名高い。いや日本を代表するセレブなエリアと言ってよいだろう。こうしたエリアは大きな経済力を持った大都市があって初めて成立する。ロスアンゼルス郊外のビバリーヒルズ、ニューヨーク郊外のグリニッチなどがその例だ。戦前、大大阪と呼ばれ、金融、製造業、商業等、日本の経済の中心であった時代の繁栄ぶりを彷彿とさせる邸宅街がいまでもこの辺りに広がっているわけで、当時の大阪、神戸がいかに大きな財力を持っていたか,改めて実感する。。

 芦屋、西宮は六甲山の東に位置し、北に甲山(西宮7園の「甲」の字は甲山から来ている)、南には瀬戸内海を控える、なだらかな傾斜地である。その間を武庫川、夙川、芦屋川などの短い河川が山から海へと急流となってそそいでいる。全くリゾート地の条件を満たした地勢だ。しかも大阪/神戸の間を、東海道線はじめ、阪急、阪神が30分程で結んでおり、交通至便。大阪や神戸の富豪、素封家がリゾートとして開発して住み始める理由は説明しなくても分かる気がする。

 その芦屋には(それゆえ)、明治,大正,昭和初期に建てられた素封家の邸宅が今でもいくつか残っており、芦屋川のほとりの高台に自然と調和して佇む旧山邑邸(現ヨドコウ迎賓館)はその代表と言ってもよい歴史的な建築物だ。かのフランク・ロイド.ライトが設計している。芦屋川を挟んで反対側には旧三和銀行の前身である山口銀行の創業者山口家の邸宅も残っており、現在は山口文化会館、滴翠美術館として公開されている。

 残念ながら、芦屋、西宮の邸宅街でも、時代の変遷とともにこうした広大な敷地を有する邸宅は減少を続けている。こうしたお屋敷は、一億総中流、富豪のいなくなった時代では、個人で所有、相続するには手に余るものとなり、企業に売却されたり、やがてはバブル崩壊とともにその企業も遊休資産売却で、バランスシートを軽くしたり、経費の穴埋めをしたりの必要上、不動産ディベロッパーに売却、そう、「マンション建設」の格好の敷地となる。こうして古い文化的な価値がありそうな邸宅も、短期的な経済的価値を生み出すであろうマンションへと建て替えられて行った。こうして、この辺りの景観も大きく変貌しつつある。もっとも芦屋は景観保護に力を入れている自治体ではあるが。

 日本にライトが残した数少ない建築文化遺産であるこの邸宅も、こうした再開発という名の破壊の危機に直面した。一度は「マンション用地」として売却が決まりかけていたそうだ。山邑家が手放してから、いくつかの人手を転々として、終戦直後は占領軍の倶楽部として使用されたり、ヨドコウが買い取ってからは、社長公邸、社員寮などに使われていたそうである。 しかし、厳しい経済情勢のなか、ついにはヨドコウが売却を決意して、建物は取り壊される事が決まっていたようだ。それを当時こうした建築文化遺産を守ろうと言う機運が高まる中、市民の活動、県や市の支援もあり、ヨドコウの社長の決断で保存が決まったそうだ。ここでも市民の地道な運動とともに、企業の社会貢献活動に対する意識の高まりが、「保存」「市民への公開」という成果として結実している。なかなか経営環境が厳しい中での決断だったのであろう。敬意を表したい。

 この邸宅の創建当時の山邑家は、櫻正宗のブランドで知られる灘五郷の酒造会社で、帝国ホテルの設計の為に来日中のアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトに自邸の設計を依頼した。建物は大谷石で飾られているが、躯体はRCコンクリート造り。戦前としては珍しい造りだと言う。山肌に沿うように建物が一階から四階まで配置され、エクステリアもインテリアもライトらしい装飾に満ち満ちている。テラスからの展望は素晴らしく、芦屋川に沿った芦屋の街が一望に見渡る。北は遠く大阪まで展望出来る。南は六甲山系の緑が眼に鮮やかで海と山に囲まれた別荘地の佇まいだ。内部には和室が3室有り、ライトもこの日本的な建築エレメントに触発されたようだ。

 この建物の特に際立っている点は、自然との調和に配意されていることだろう。芦屋川から見上げても,小高い山の緑の中に埋もれていて、辺りを睥睨するような威圧感はない。また、室内からも、ライトらしい装飾に縁取られた窓に,まるで絵画がはめ込まれているような緑溢れる風景が。玄関も、車寄せはあるがドアは小振りで、訪問者をアットホームな気分にさせてくれる。玄関脇の大谷石で造られた大きなプランターは四季の花で埋め尽くされている。

 今やライトの建築は日本には現存するものでは3件しか残っていない。このヨドコウ迎賓館と自由学園明日館、旧林愛作邸(現電通八星苑)のみだ。旧帝国ホテル本館は愛知県犬山市の明治村に正面玄関のみが再建「展示」されている。明治以降日本にやってきた外国人(特にジョサイア・コンドル、ウイリアム・ヴォーリスなど)が設計した近代建築はその多くが破壊の危機に直面していた。しかし最近ようやく,狂気のようなバブル経済、エコノミックアニマルのメンタリティーを卒業したのか、文化の分かる大人の日本人になりつつあるのか、近代建築遺産を有形文化財として保存される事が多くなってきた事は歓迎すべきだ。それでもまだ,人知れず消えて行く建築文化遺産は数知れないだろう。

 景気が良くて、金が回ってるときの方が、こうした文化財の保存にも金が回ってきそうに思うが、実はより金を生む資産に化けさせようと再投資する、すなわち古い文化遺産を破壊する方に働いてきた。人間の経済的欲望には際限がない。むしろ金金と言わなくなってようやく、自分たちが今までないがしろにしてきた別の「価値」を取り戻そうとする動きがむくむくとわき起こってきているような気がする。こうした「文化的」なものに価値がある事に気づき始めたのだ。むしろこうした「文化的価値」がこれからの経済的な価値を生む源泉にすらなって行くのだろう。ヨーロッパの国々を見ててそう思う。日本も向う気ばっかり強い若造から、少しは落ち着いた違いの分かる大人の国になってきたか。イギリスの域にはまだまだ達していないがね。



2011年9月12日月曜日

大山崎山荘美術館 ーOyamazaki Villa Museum of Artー

 最近ちょっと美術館巡りが続いている。今回は京都府乙訓郡大山崎町にあるアサヒビール大山崎山荘美術館。

 この山荘美術館の本館は、大正7年に実業家加賀正太郎によって建てられた、英国ハーフティンバー様式の建物だ。英国の生活様式に憧れて建物を本格的に設計、建築した。この時代には好事家のお金持ちがいて、後世に素敵な文化遺産を多く残してくれている。関西には実業家の手になる近代建築が特に多い。

 しかし、こういった個人の邸宅、庭園の運命は数奇。その後、人手に渡り、最後はお定まりの不動産ベローッパーよるマンション建設の為の取り壊しの危機に。こうした事態に際し、地元住民の方々を中心に保存運動が起こり、京都府、大山崎町が動いた。その甲斐あって、アサヒビールが買い取り、行政とともに建物と庭園を修復、保存。山荘美術館として存続が決まったと言う。地域住民の方々と地元行政のご努力、そして企業のこうした意思決定にも賞賛を贈りたい。

 自分もマンションに住んでいるが,マンションってなぜかこういうときは悪者の代表だ。歴史的な文化遺産や、景観、自然を破壊する「再開発」プロジェクト、というイメージが常につきまとうのは何故? 商業主義的な金儲けの産物だから? 経済合理性優先の面白くない鉄筋建造物デザインに走るってるから?「マンション」という言葉自体が、その本来の意味とはかけ離れた集合住宅(いずれはスラム化する?)イメージが定着しつつあるから?いずれにせよこの山荘が「マンション」なんかにならなくてよかった。

 ここが何故「アサヒビール」大山崎山荘美術館なのか?という疑問が少しだけ解けた気がする。 しかし、山崎と言えばサントリーウイスキーの創業の地。 東海道線からも,新幹線からもサントリー山崎ディスティラリー(醸造所)が見える。いわば山崎のランドマークである。だのにそのすぐ隣になぜアサヒビールなのか。まだすっきりしない。アサヒビールには企業メセナ発想があったからなのか。サントリーはその地元の環境保全、景観保全のもくろみに何故乗らなかったのか? 加賀正太郎家はニッカウヰスキーとも縁があったそうだ。

 ここ大山崎は天王山の麓、木津川、桂川、宇治川が合流する景勝の地。これらの河川を源流として、やがては淀川として大阪に流れ込む古来より交通の要衝である。現在でも、京都と大阪の間の交通の重要ポイントで、新幹線、JR東海道線、阪急京都線、名神高速道路、国道一号線が狭い回廊にひしめき合っている。淀川を隔てた対岸には京阪が走っている。 特に、この山崎では新幹線と阪急京都線、JR東海道線が接近平行して走っており、各々の優等列車の華麗な走行ぶりが鉄道ファンの間では「山崎の合戦」と呼ばれて、人気の「撮り鉄」スポットになっている。

 歴史を遡れば、あの本能寺の変の後、明智光秀の軍と羽柴秀吉の軍が激突した場所である。山崎の合戦,天王山の戦いの古戦場でもあることはつとに名高い。中国攻めから急ぎ取って返し(いわゆる中国大返し)、京に向けて攻め返した秀吉軍を、そうはさせじと、ここ京都の入口にほど近い山崎で迎え撃った光秀軍。この狭い回廊はそういう歴史の重要な局面の舞台にふさわしいしつらえである。結果、光秀は敗れ、逃走中に落武者狩りの一団に首を取られてしまう。三日天下はここに終わり、秀吉は天下取りにむけてまさに「天王山」を迎えたわけだ。

 話を美術館に戻そう。ハーフティンバー様式の本館は、アサヒビール社長の山本為三郎のコレクションとして、河合寛次郎、濱田荘司、バーナード・リーチなどの民藝運動の作品も数多く展示されている。また、この時期は企画展として、創作椅子の展示会が行われていて、「自由に座れる作品集」に人気が集まっていた。そのせいか思った以上に訪問者が多く、この日は混み合っていた。

 また、安藤忠雄設計の新館は、モネの睡蓮のコレクションが展示されている。この新館は、本館や周囲の庭園、緑地を雰囲気を害さないように,且つ、モダンな雰囲気を醸し出すように、ガラスとコンクリート打ちっぱなしの建物で、半地下構造となっている。安藤忠雄らしい辺りの佇まいとの調和を重んじる建物だ。

 二階のテラスから一服のコーヒを楽しみながら、三つの河の合流する様や、遠くの山々を展望する気分はとてもよい。川中に連なる堤防の上には桜並木が延々と続き,その季節にはさぞや素晴らしい景色であろう。イギリスにいた頃、週末には起伏にとんだ丘が連続するKentやSussexの田舎へドライブし、Manner House(貴族の館)を訪ねて回った事を思い出す。そうした風景と佇まいを、英国帰りの加賀正太郎はここ大山崎に再現したかったのだろう、とその心情がよくわかる気がした。私もこんな所で,こんな家を建てて、イギリスの思い出に浸って暮らしたいものだが、加賀正太郎と違って今の私に出来るのは、都会のマンション(あの、文化と景観を破壊すると嫌われる)で、せいぜいWedgewoodのポットとティーカップで紅茶を入れて、スコーンを食し、「ああ!イギリスはいい!」と嘆息するくらいのことだ。



2011年9月3日土曜日

金沢21世紀美術館 ー21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawaー

 仕事で金沢に来るたびに、なんてうらやましい街だろうと思う。仕事の合間の断片的な時間でしかその「うらやましさ」の片鱗を味わうことが出来ないのだが。もちろん兼六園や金沢城、東茶屋街、浅野川の清流、卯辰山公園、犀川.....そして加賀流能、伝統工芸、食文化... 室生犀星、泉鏡花... その文化的な資産の豊富さにいつも圧倒される。 そして今回は、仕事の合間に金沢21世紀美術館を訪ねた。一見伝統的な城下町の雰囲気にマッチしないコンテンポラリーアートミュージアム。しかし、今人気のアートスペースだ。どうして「地方都市」金沢はこんなに豊かな文化に恵まれているのか?

 前田の殿様は、徳川幕府に慮って武力の強化に金を遣わず,文化芸能、庭園にお金を使ったからだ、と地元の人は説明してくれる。400年余という時間が培った伝統が今に生きているのだろう。また町並み優雅なのは戦災に遭わなかったからだともいう。

 それにしても関ヶ原の戦い以降に,各地に領国を得た徳川幕藩体制の大名達は,それぞれの領国統治にふさわしい藩府、城下町を建設した。現在の「地方都市」はその多くが,そうした「関ヶ原戦後」に建設された城下町が起源となっている。しかし、よくよくそれぞれの町を見比べてみると、当時の建設者にして統治者であった殿様の戦略と文化センスによって、町の風貌が全く異なっている事に気付く。

 城下町として美しく,文化を伴って現存している町の代表格は金沢だろう。松江も美しい城下町だ。おそらく金沢と並ぶ文化度の高い城下町だろう。熊本は城が立派だ。姫路も城が有名だが,町は戦災で破壊されてしまった。大阪や名古屋は大都会になりすぎて城下町という風情が薄れてしまっている。岡山の後楽園、高松の栗林公園、水戸の偕楽園も大名庭園として有名で殿様の残した文化の香りを現代に引き継いでいる。萩も鹿児島も西南の雄藩の首都として、やや武ばった城下町の風格を今も保っている。仙台、高知、広島、松山も外様の大大名の城下町だ。

 一方、わが故郷,福岡も黒田五十二万石の城下町だが、福岡が城下町の趣を残す街だ,とあまり認識されていないのは何故だろう? ここの城は縄張りの名人、黒田如水、長政親子の築城になる名城だが、朝鮮式の平城で威風堂々足る風格に乏しい。如水の「平時に壮麗な天守閣や石垣はいらん」という合理主義が後世に「観光資源」を残さなかったのかもしれない。かといって大名庭園もない。有名な大濠公園は福岡城の外堀を明治以降勧業博覧会会場として整備したものだ。あまり大名起源の文化、芸能もない。食文化も,芸能も,祭り、工芸も隣の博多の商人文化におされている。黒田藩の残したもの、修猷館くらいか?先の大戦では博多は空襲で焼けたが、福岡は戦災に遭ってない。だのに城下町の名残はほとんど残ってない。かつて大名町あたりは重臣達の武家屋敷の趣を残す町並みが残っていたが、いつの間にか完全に消えてなくなってしまった。なぜ? あまり黒田公の「伝統」を残そうと言う気分の少ない影の薄い城下町だ。

 城下町金沢の文化度の色濃さに比して、城下町福岡のそれは如何。もともとの城下町としての創建者の思想に違いがあるのかもしれない。そしてその思想がその後の街の変遷の中で継承されて行ったのだろう。取りこぼした文化の量、文化受容度の高低は、オリジンの町づくりの伝統を引くのだろうが。「比較城下町研究」がこれからの時空トラベルのテーマになりそうだ。

 話題がドンドンそれてしまった。金沢21世紀美術館の話だ。伝統文化の城下町のこのコンテンポラリーミュージアム。この金沢の文化パワーはいったいなんなんだ!いまや全国から人を集める人気観光スポットの一つになっている。それは金沢の他の観光スポットと組み合わせて回るのに良いからではなく、この美術館に行く為にだけ金沢に来てもいいくらいの魅力を持っている。

 そして,この美術館は、一部の教養ある趣味人資産家のコレクションを基礎に創設されたものでもなく、自治体が市民の税金を使って建てた「箱もの公共投資」の産物でもなく、市民の出資による財団が建設、保有、運営している点でもユニークだし、金沢市民の文化的な成熟度を感じさせられる。

 建築設計は、妹島和世+西沢立衛/SANAA。今最も注目される建築家達だ。まず建物自体が現代美術作品だ。金沢市の中心部に位置し,誰でもいつでも立ち寄れる公園のような美術館を目指しているという。その意図は見事に成功していると思う。建物は裏も表もない円形のガラスの筒の中に複数のエリアが設定されている。好きな所へ行き、回遊を楽しめばよい。美術館巡りで結構楽しみなのはショップとレストランだ。私はこのしつらえのセンスで美術館の好き嫌いが決まる。ここのレストランは特に洒落ていて、コーヒーを飲んだり、簡単な食事をしたり,語らったりすること自体がアートになる。

 ちなみに、もともと、この美術館の敷地にはは金沢大学付属小学校中学校があったそうだ。金沢大学も金沢城内にあったが郊外に移転して、あの壮麗な櫓がが復元されている。こうした都市の模様替えによって伝統的なゾーンと新しい集いの場を生み出した自治体の構想力と都市設計のセンス、パワーもすごい。金沢駅のデザインも素敵だ。金かけ過ぎという批判もあるやに聞いているが、この頃はやりのエキナカショップやデパートで人がごった返した商業施設化し、駅本来の動線や風格を無視した品のない中央駅ではなく、堂々としたアート作品になっている。これも金沢の玄関にふさわしい文化度シンボルだと思う。

 こうした街全体が伝統的な町並みと、伝統工芸、伝統食文化と、コンテンポラリーなアートパワーをみなぎらせている街は、日本にはそう多くはないだろう。まるでヨーロッパの街の匂いがする。金沢という街の人々のセンスの良さとそれを街の資産として継承、発展させてゆくパワーを感じさせられた。次回は仕事抜きで、ゆっくり街全体を見て回りたいものだ。