ページビューの合計

2010年12月10日金曜日

名残の紅葉 長谷寺編

 ただいま、北陸出張の帰りで、富山から大阪へのサンダーバード車中。
ドコモのモバイルルータを使えば、どんな所でもインターネットへのアクセスが可能。移動車内の空き時間を利用してネット作業中。Mac Book Airとの組み合わせは快適だ。

福井、富山の天候は荒れ模様。福井では明け方に雷雨と霰で目が覚めたかと思ったら、昼間は雨が降ったり晴れたり。富山に着くと陰鬱な寒空。しかし今朝は、起きるなり快晴。ホテルの窓からは立山連峰をはるかに望む。思った以上に高い山々だ。こんな変わりやすい天気は北陸独特の季節の変わり目の印だそうだ。いよいよ雪の季節到来だ。

ところで、先週末の紅葉巡りの最後は長谷寺。花の寺で有名な奈良初瀬の長谷寺。以前から、長谷寺全景を望むスポットがあると聞いていたが、それがどこか分からなかった。そこから撮ったという写真を見るとおそらく長谷寺本堂の真向かいのようだ。以前、與喜天満神社から桜の季節の長谷寺を撮影したが、角度がどうもその方向ではない。

ようやく地元のNPOが発行している初瀬街道散策マップを長谷寺参道の店でみつけ、この絶景スポットの位置を特定することが出来た。参道途中のいせみち、はせみち分岐の道標を右に曲り、橋を渡って向かいの山を少し登ると、頂きに愛宕神社というお社がある。ここからの眺めが、ちょうど長谷寺の真正面だ。しかも、この愛宕神社の紅葉がまだ見事。長谷寺本堂、五重塔、登廊辺りの紅葉は終盤だったが...

なんだか得をしたような気がした散策だった。長谷寺の名残の紅葉ご覧あれ。