ページビューの合計

2010年7月9日金曜日

霊峰富士 弥生人は富士に神を感じた

日本人の自然崇拝、精霊信仰を象徴する富士山。山自体がご神体として崇められてきた。

また日本人の心情、日本の風景を代表する山でもある。
今は少なくなった街のお風呂屋さんの背景には必ずと言っていいほど富士山の画があった。

東京から新幹線でぶっ飛ばして来ると、新富士駅の手前からこんな(写真のような)富士山の姿が車窓を流れる。
屹立する煙突は文明社会と神域とを隔てる結界でもなく、「ご神木」でもない。幾重にも張り巡らされた光ファイバーケーブルは、ここが磐座であることを示す注連縄でもない。
しかし、この風景は原日本人のスピリチュアルな関係性に何かを言いたげである。

世界自然遺産としての富士山の登録は、そのゴミ問題などで見送られたことも記憶に新しい。
ならば文化遺産としての富士山なら登録されるのだろうか。
別に世界遺産にならなくてもいいが、日本人の誇り、心の安らぎの拠り所のままでいて欲しい。

工業化による経済成長の恩恵を受けた農耕弥生人の末裔、現代ニッポン人。
経済成長も緩やかな時代へ移行し、脱工業化社会などと呼ばれる社会への突入がさけばれて久しい現代ニッポン。
山や岩や一木一草に神を感じる弥生スピリットに少し回帰する時期かもしれない。

父が臨終の床で、「ああ、富士山があんなに奇麗に見える」と小さくため息をつきながら嬉しそうにつぶやいた。
夢を見たのだろう。幻覚である。
生前に富士山のことなど語ったこともない父が、意外だった。
きっと父が見た富士山はこれではなかっただろう。弥生人が見た富士山だったのだろう。



L1030544