ページビューの合計

2011年6月16日木曜日

室生の郷 滝谷菖蒲園

 梅雨時の大和路の花と言えば紫陽花と菖蒲。紫陽花は矢田寺や久米寺が有名だが、梅雨時はどこへ行っても紫陽花はきれいでいい。ここ室生の郷にある「花の郷」滝谷菖蒲園は様々な花が季節毎に眼を楽しませてくれる,まさに桃源郷のような静かな花園だ。今回は残念ながら,紫陽花にはチと時期が早くて、あまり咲いてない。そのかわり菖蒲と睡蓮が盛りだ。クレマチスも珍しい種類の花がまだ咲いている。

 滝谷菖蒲園は近鉄大阪線三本松駅からバスで8分程、歩いても20分程の室生の郷の谷あいに位置している。ここはかつては女人高野室生寺への参詣道の途中であり、伊勢街道、榛原宿から室生寺へ向う人々が通った道だ。今はハイキングコースとしても人気がある所のようで、いたるところに道標が整備されている。

 しかし,山と谷が織り為し,人気のない所である。集落も見当たらず、道の駅の新しい建物が妙に辺りの風景にそぐわない感じであることを除くと、誠に鄙びた地域である。やたらに菖蒲園の看板が道路沿いに立ち並んでいるが、このような所に商業的な意味で成功する施設を創ることは難しいに違いない。よくこんな美しく花に満ちあふれた花園を創ったものだ。作り手の花への愛着と、この地への強い思い入れを感じずにはおれない。

 この時期、近鉄三本松駅から菖蒲園行きの臨時バスが一時間に2本出ていて、車でない人には便利。行きも帰りも乗客は私を含めて2人というのんびりムード。あいにくの雨だが、山肌がぬれ、新緑がしっとりと美しい。山頂は室生路独特の煙霧に覆われて,龍穴神社の龍神様が里山に雨をもたらしてくれている。狭い谷あいの道をガタゴトと進むこと8分で菖蒲園に到着する。

 ここでは非常に多くの種類の菖蒲を楽しむことが出来る。同時に販売もしており、販売コーナーに植わっている菖蒲をそのまま分けてくれる。売り手もアルバイトの女の子のようなドシロウトではなく、オジさんオバさんが、菖蒲の育て方、楽しみ方を丁寧に教えてくれる。商売でやっている,というよりも、好きでやっている,という感じがして、それがいい。しゃべり出すとチと話が長過ぎるが、ホントに好きなんだなあ...

 スライドショーをご覧あれ。